しがみつかない生き方 「ふつうの幸せ」を手に入れる10のルール 香山リカ著

しがみつかない生き方 「ふつうの幸せ」を手に入れる10のルール 香山リカ著

1990年代、精神科医である著者の診察室には、客観的な幸福と主観的な幸福とにズレがある人たちがやってきたという。つまり、客観的に見れば「普通に幸せ」なのに飽くなき成功願望が強すぎて満たされない人たちである。

ところが今では、不況による社会不安などから、「普通の幸せ」すら手に入らない人たちが増えていると実感する。著者は「普通の幸せ」を手に入れるには「しがみつかない」心や姿勢が大事だと語る。お金、恋愛、仕事に子ども。物事に極端に執着せずに、足るを知ること。

雇用、医療、介護など、政治に何とかしてほしい問題も多いが、とりあえずは多様な生き方を肯定することが幸せへの近道だと説いている。

幻冬舎新書 777円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 看取り士という仕事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
企業の成長に最も大切なものは<br>新浪剛史氏インタビュー

社員を追い詰めながら業績をひねり出すのではなく、「まずは理念の共有」が新浪流。ローソンから移って5年目、サントリーホールディングスの舵を取る辣腕経営者が、米ビーム社統合でも貫かれた「社員を大事にする経営」の神髄を語る。