「10年で変わらなければ東京は完全にダメになる」−−森ビル社長 森 稔

--今の47都道府県のままでは都市を活性化する絵もなかなか描きにくい。道州制のような行政単位のくくり直しが必要では?

道州制は広さにこだわっているけれども、要するにどこの都市に属するかを決めればいいわけで、広さで考えることはない。今の制度は、ダメなところに一所懸命おカネを配っていますが、人が集まらないところにおカネを配っていてはダメですよ。やはり人が集まるところに配るのでないと。いわば人ではなくて場所におカネをつける。そのあたりの仕組みを考えないといけない。

人は何らかの理由があって集まるわけで、その何らかの理由が都市の磁力です。たくさんの磁力源があれば、たくさんの人が集まるし、磁力源が一つでも、その力が強ければ、わっと人が集まる。東京はそれこそ、たくさんの街が集まっていて大きい。一つの街ではない。

国際金融センターといわれる都市も、立地は意外に分かれていますよ。ニューヨークでもダウンタウン、ミドルタウン、その周辺とだいぶ散っている。ロンドンもシティのほかに、カナリーワーフとウエストエンドがあって力が強い。東京にも国内向けの金融センターとか、証券関連の金融センターとか、いろいろあっていい。

--そのグランドデザインを誰が描くのかということですね。

これも競争ですよ。だって、いいデザインを描いて早く実行したところが勝つわけでしょう? いくら条件をそろえていても、後から来たのではもう出遅れ、お呼びじゃない、ということもあるわけだから。

どうも早くから発展した街ほど執着度が強くて変わらない。新しいところのほうが変わりやすいといった面があるようですね。(六本木ヒルズやアークヒルズをつくった)港区なんかは、かつては都心だとは扱われていなかったですから。

--今では都心のド真ん中という感じですが。

一昔前は、そんな田舎を開発して何をするんだと言われた(笑)。

--どれくらいの期間で東京をつくり変えるイメージですか。

上海は10年でまったく違う街になりましたね。

--では10年?

過去の都市計画を見てもそうですが、10年や20年あれば全部変わってしまう。ロンドンとかパリとかニューヨークもそんなものです。

--10年か20年で変えられれば、東京の競争力は維持できますか。

森ビルだけでできる話ではありませんが、変えなければ完全にダメになるでしょうね。
(山崎豪敏、長谷川高宏 撮影:尾形文繁 =週刊東洋経済)

もり・みのる
1934年京都府生まれ。59年東京大学教育学部卒。同年、父・泰吉郎氏が森ビル設立、大学卒業と同時に取締役に就任。64年常務、69年専務を経て、93年より社長。政府の委員なども多数歴任。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 就職四季報プラスワン
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT