TOEICを受けるなら5月からの新形式を狙え

傾向と対策を徹底的に解説

必勝法を伝授します(写真:すってぃ / PIXTA)

「TOEIC」の出題形式が10年ぶりに新しくなる

英語によるコミュニケーション能力を幅広く評価する世界共通のテスト「TOEIC」。5月29日(日)に開かれるテストから出題形式が10年ぶりに新しくなる。

TOEICは、合否ではなく10点から990点までのスコアで評価され、世界約150カ国で実施されている。就職や転職に有利な資格試験のひとつとして有名で、実際の調査でも約7割の日本の企業が採用の際に「参考にしている」というデータもある。

10年ぶりに刷新されるTOEIC。拙著『TOEIC®TEST全パート完全攻略!【新形式問題対応】CD付』(あさ出版)でも解説しているが、どのように挑めばいいのだろうか。その対策を考える前に、まず変更点を見てみよう。

画像を拡大
拙著『TOEIC®TEST全パート完全攻略!【新形式問題対応】CD付』(あさ出版)より引用

今回は出題形式こそ変更にはならなかったが問題数が減ったパートや、大きく変わったパートなどの変更点と、それに伴う心構えを考えてみよう。

次ページどう攻略すればいいのか?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT