コロムビアミュージックエンタテインメント取締役名誉相談役・廣瀬禎彦(Part2)--セガに行ったのはアスキーへの100億円の増資のタイミングです

コロムビアミュージックエンタテインメント取締役名誉相談役・廣瀬禎彦(Part2)--セガに行ったのはアスキーへの100億円の増資のタイミングです

■ CEOへの道は、職業としての”社長”を選び、第一線で活躍するプロによるトークセッション。将来、経営層を目指すオーディエンスに、自らの経験とノウハウを語る。

--アスキーでは、どんなお仕事をされていたのですか。たいへんな時期だったのではないでしょうか。

アスキーの創業者・西和彦さんとの出会いは、IBM在籍時にパソコンの講演をお願いしたことがきっかけです。アスキーは非常に早い時期にISP(インターネット・サービス・プロバイダ)を手掛けていました。私はISPやシステム事業をやりたかったのですが、いろいろもめごとがあり、気づいたらゲーム部門の担当になっていたんです。

在籍期間は1年半と短かかったですが、中身は濃かったですよ。特に資金繰りについていちばん学びましたね(笑)。IBMにいるとお金が潤沢にあるので金詰まりという発想がありません。企業をやっていくうえで資金繰りは非常に大事なことなのに、巨大な会社にいると触れずにいられるわけです。

また、アスキーではベンチャー体質の良さを感じました。大企業と比べてベンチャーは1人が占めるポーションも比重も大きいので、社員が伸び伸びしていて面白いんです。後にアットネットホームという会社を作るときの参考にもなりました。

--1年半で、なぜセガ・エンタープライゼス(以下、セガ)に移られたのでしょうか。

当時アスキーは資金繰りが大変で、西さんと副社長の橋本さんと3人でお金を貸してくれる先を探し回っていました。97年は景気が傾き始め、電機会社はみな苦しく増資していただけるようなところもなく、最後に行き着いたのがCSKの大川功さんでした。100億円の増資をお願いして応じていただいたその日、「セガは人が足りないから来てくれ」と大川さんに言われたんです。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 最新の週刊東洋経済
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ナベツネが腹を割って語る<br>政治、そしてメディアの未来

読売新聞主筆として93歳の今も、社論をまとめる要の役割を果たしている渡邉恒雄氏。安倍首相と定期的に会食するなど、なお政治のキーマンでもある。歴代の首相を知る同氏は現在の政治とメディアをどう見ているのか。本誌編集長がインタビュー。