エリートの条件 世界の学校・教育最新事情 河添恵子著

エリートの条件 世界の学校・教育最新事情 河添恵子著

「エリート」とは何か。10年にわたって30カ国100校もの名門校を取材してきた著者曰く、多くの日本人は「エリート」という言葉に「東京大学を卒業し国家公務員や大企業に就職する人」をイメージする。しかし北米や欧州で同じ質問をしても特定の大学名は返ってこない。彼らがイメージするのは頭脳明晰なうえに人格に優れ、倫理観や奉仕の精神があるトータルバランスのとれた人物像であり、決して日本のような偏差値エリートの姿ではない。

明確な国家戦略のもと「グローバルな世界のなかのトップリーダー」としてのエリート育成を目指す世界の学校・教育事情の現場をリポートしながら、日本の教育の問題点を浮き彫りにする。

学研新書 798円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • カラダとおカネのよもやま話
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。