エリートの条件 世界の学校・教育最新事情 河添恵子著

エリートの条件 世界の学校・教育最新事情 河添恵子著

「エリート」とは何か。10年にわたって30カ国100校もの名門校を取材してきた著者曰く、多くの日本人は「エリート」という言葉に「東京大学を卒業し国家公務員や大企業に就職する人」をイメージする。しかし北米や欧州で同じ質問をしても特定の大学名は返ってこない。彼らがイメージするのは頭脳明晰なうえに人格に優れ、倫理観や奉仕の精神があるトータルバランスのとれた人物像であり、決して日本のような偏差値エリートの姿ではない。

明確な国家戦略のもと「グローバルな世界のなかのトップリーダー」としてのエリート育成を目指す世界の学校・教育事情の現場をリポートしながら、日本の教育の問題点を浮き彫りにする。

学研新書 798円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • 中学受験のリアル
  • ブックス・レビュー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。