転機の中小企業資金繰り支援-借り入れ負担に限度、個々の状況に応じたプログラムを


 何でも貸せばいいというものでもない。金融機関に問われるのは個別の定性的な事情をも判断できる現場の審査能力だが、粉飾による倒産事例の多発は、銀行がそうした審査能力を失った証拠だとすれば心もとない。

融資そのものより、期限延長や金利減免・金利引き下げ等のリスケなど、企業によって柔軟な対応が以前にも増して必要になってくる。

政策効果の検証も必要だ。たとえば、昨年の貸出条件緩和債権への該当要件の見直しである。中小企業はこれによって本当に資金繰りが楽になったのか。単に、貸出条件緩和債権が減り、引当金が戻るという金融機関の財務を見掛け上よくするだけの効果に終わったのではないか。

金利も低ければよいというものではない。金利競争がかえって、取引先への綿密なフォローなどのサービスを低下させたという批判は強い。

総選挙が迫っている。物量を掲げたバラまきが横行しているが、実態に即した新たなプログラムが必要になっている。

(大崎明子 =週刊東洋経済)

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT