トヨタも日産も工場を相次ぎ新増設するが…九州「自動車」アイランド 熱狂の陰に潜む”死角”

中国輸出の一大拠点 震災リスク回避も

第1に地の利。福岡を起点に円を描くと、ソウルも上海も半径1000キロメートル圏、航空機でたった1時間半という近さだ。国の特定重要港湾に指定された博多港はじめ、インフラは十分整備されている。そこへ中国など新興国の市場爆発が重なり、輸出基地としてあらためて急浮上した。トヨタグループでは中国向けの4割をトヨタ自動車九州が受け持つ。

第2に人材確保のしやすさ。トヨタの本拠地・愛知県は、09年1月の有効求人倍率が1.86倍と全国一で最も人手が足りないエリア。対する九州は、福岡県でもせいぜい0.69倍。全国平均の0.98倍をかなり下回っている。周辺には九州大学など国公立大の理工系学部の層が厚い。「かつて鉄鋼で発展したように、ものづくりの下地はあった」(今村修二・福岡県自動車産業振興室長)。

そして第3が、大型地震などへの地政学リスクの分散である。実際、新潟県中越沖地震では部品メーカーの一工場が被災しただけで、日本中の自動車工場がストップする事態に陥った。特に、愛知県に工場が集中するトヨタグループは、東海地震の危険性をつねに抱えており、九州は代替拠点の最右翼となっている。

この好機をとらえるべく、自治体も優遇措置で対処。福岡県は「企業立地促進交付金」として、工場を新設する場合、設備投資200億円以上・新規雇用200人以上なら、最高20億円まで交付する。これは自動車関連だけに設けた特例だ。誘致に成功すれば、税金は落ちるし、雇用も生まれる。ダイハツ九州が進出した大分県中津市では、周辺を含めて5000人もの雇用が生まれた。「やっぱり自動車はロットが違う」と県の関係者は言う。

麻生渡・福岡県知事を旗振り役に03年設立した「北部九州自動車100万台生産拠点推進会議」は、06年に前倒しで「100万台」が実現したため、「150万台」に改称。今年中にその150万台達成を目指す。07年末には九州初のモーターショーを開催し存在をアピールした。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • カラダとおカネのよもやま話
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。