巨額の営業外費用や特別損失は格付けにどう影響したか--総合電機5社をチェック《スタンダード&プアーズの業界展望》

現金流出を伴う損失と伴わない損失

各社の株主資本、営業キャッシュフローや純有利子負債の増加などは、巨額の営業外費用、特別損失などを計上したことが主な理由である。日立製作所の税引き後当期損益は7873億円の大幅な赤字になった。持分法投資損失の1622億円に加え、事業構造改革費用229億円、減損処理1,284億円、繰り延べ税金資産の取り崩し3900億円などが特に大きな要因であった。また、東芝は1016億円の繰り延べ税金資産の取り崩し、NECや富士通でも事業構造改革費用や工場などの固定資産、過去に国内外企業に出資した投資分の評価損が発生したことによる減損処理など数百億円規模の損失を計上している。これらは共通して、事業環境が急速に悪化するなか、将来の利益やキャッシュフローの改善見通しが大きく低下していることが大きな要因であるため、今期以降も事業環境の悪化が続き、回復までに長期化する見通しが強まる場合には、さらなる損失計上を余儀なくされる可能性がある。

通常、格付け先企業の営業外費用や特別損失額が大きい場合、スタンダード&プアーズは、まず現金の流出が企業財務に与える影響を把握する。本業から得られるキャッシュフローは有利子負債の返済原資になるが、現金の流出は現預金の減少や有利子負債の増加に直結することが多いため、財務面への悪化影響が大きい。

その一方、営業外費用や特別損失を計上しても、現金の流出を伴わない場合もある。2009年3月期に目立った減損処理や繰り延べ税金資産の取り崩しなどの評価性の特別損失などである。通常、こうした現金の流出を伴わない評価性の費用による一時的な株主資本の毀損よりも、将来の利益水準やキャッシュフローの見通しをより重視している。しかし、株主資本は事業リスクに対してのバッファーとしての役割を果たすため、株主資本が大きく毀損する場合には、企業のリスク許容度は低下するため、格付けへのネガティブな影響も十分考慮する必要が高まると考えている。


図1:日本の総合電機5社の営業外損失や特別損失など
[+]画像拡大

【出所:各社決算など】

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 最新の週刊東洋経済
  • 見過ごされる若者の貧困
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT