巨額の営業外費用や特別損失は格付けにどう影響したか--総合電機5社をチェック《スタンダード&プアーズの業界展望》


アナリスト 柴田 宏樹

 日本の総合電機5社(日立製作所、東芝、三菱電機、NEC、富士通)は2009年3月期決算で、事業環境の悪化で営業利益が大幅に減少したことに加え、巨額の営業外費用や特別損失、持分法投資損失等を計上した。主な内容は、事業構造改革費用の計上、減損処理(工場などの固定資産、過去に国内外企業へ出資した投資分の評価損など)、将来の業績回復の見通しが低下したことによる繰り延べ税金資産の取り崩しなどであり、2009年3月期の当期損益は三菱電機を除いて1000億円以上の当期損失の計上を余儀なくされた。その結果、5社合計の株主資本は前期比38%減の3兆8032億円と大きく毀損し、負債構成も大幅に悪化した。

スタンダード&プアーズは、今年に入って、これら5社のうち3社の格付けやアウトルックを下方に変更したが、これらの格付けアクションは、巨額の営業外費用や特別損失計上などによる財務的な影響だけに直接的に基づいたものではなかった。しかし、景気低迷が長引けば、5社の業績回復も遅れる可能性が高まっているため、営業外費用や特別損失の計上による一段の財務内容の悪化は、各社の信用力評価上、大きな重荷となる可能性もあることを懸念している。

表1: 2008年4月以降における日本の総合電機5社の格付け変更
[+]画像拡大

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 本当は怖い住宅購入
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT