シンプル族の反乱 モノを買わない消費者の登場 三浦展著

シンプル族の反乱 モノを買わない消費者の登場 三浦展著

いま、人々の消費感覚に異変が生じているという。自動車が売れない代わりに自転車が売れる。百貨店は振るわないが、ユニクロや無印良品は大盛況だ。

消費社会研究家の著者は、こうした新しい消費者を「シンプル族」と名付ける。彼らは、現在の不況下に対応するために倹約を強いられた面があるのは確かだが、そこからエコ志向とシンプル志向を導き出した。つまり、物質的な豊かさよりも、精神的な豊かさに重きを置く。

たとえ今後、景気が回復したとしても、彼らは質素な暮らしをやめないだろうと見通す。不況だけが消費沈滞の原因ではない。消費者の新たな価値観に気づかなければ企業は生き残れない。

KKベストセラーズ 780円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • ブックス・レビュー
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT