三菱自動車「貧者の戦略」、瀬戸際からEV一番乗り


 三菱のEVを“見捨てた”ダイムラーも米国ベンチャー、テスラに10%出資し、VWは携帯向けリチウムイオン電池のトップ企業、中国BYDと手を組んだ。中国自動車大手の長城汽車は7万元(95万円)の電気自動車を作ると気炎を上げている。

「モノが出てこないと、コメントのしようがない」と橋本室長。「車は10年間安心して使えることが前提。10年経って何が起こるか。ベンチャーはそれを考えているのか」。アイ・ミーブは5年保証だが、10年15万キロメートル走っても電池の蓄電量は7%しか劣化しない。そこまでEVシステムを磨き上げている。

敵が物量作戦で来ようが、安値攻勢に訴えようが、三菱自動車の方針は二つ。一つは、商用車などEVの車種を増やすこと。コンビニ配送車などは1日の走行距離が30キロメートル程度。電池を減らし、200万円を切るタイプの開発も選択肢になる。

もう一つは国際化の加速。すでにプジョー・シトロエンへのOEM供給を決めているが、低炭素化の意識が高い欧州では、日本以上の速やかな浸透=OEM拡大が期待できる。

とはいえ、アイ・ミーブは10年度想定台数も5000台。損益分岐点の3万台に向け、一歩ずつ着実に。「貧者の戦略」はそれしかない。

(週刊東洋経済)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小野薬品vs.本庶京大教授<br>大型新薬めぐり深まる溝

本庶佑教授と小野薬品工業がタッグを組んで生み出したがん免疫治療薬「オプジーボ」。ところが、本庶氏が特許の正当な対価として150億円の支払いを求め、小野薬品工業を提訴する方針を固めた。両者の関係はなぜこじれてしまったのか。

  • 新刊
  • ランキング