三菱自動車「貧者の戦略」、瀬戸際からEV一番乗り


 問題は、価格と量のジレンマだ。アイ・ミーブの希望価格は459万9000円。政府補助金を勘案すれば、顧客の実質支出は320万円だが、アイ・ミーブの車体は「軽」がベース。小型車の新型プリウスが205万円とあっては、「環境対応」をアピールしたい法人はともかく、個人顧客の食指は動かない。

こんな価格になってしまうのは、一つはコストの半分を占めるとされるリチウムイオン電池の高さ。もう一つは、生産量の設定が少なすぎるからだ。海外含め初年度2000台。初の量産車と銘打っても到底、量産と呼べる水準ではない。

が、これが精いっぱいだった。

EVシステムで勝負 前途に中国“格安”車

益子社長がアイ・ミーブの開発にゴーサインを出したのは、05年5月。その前年には2154億円の大赤字にまみれ、ダイムラーが支援打ち切りを通告してきた。4カ月前の1月には2回目の再建計画を策定している。会社自体、生きるか死ぬかの瀬戸際での決断だった。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
  • 今日も香港から
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。