三菱自動車「貧者の戦略」、瀬戸際からEV一番乗り


 問題は、価格と量のジレンマだ。アイ・ミーブの希望価格は459万9000円。政府補助金を勘案すれば、顧客の実質支出は320万円だが、アイ・ミーブの車体は「軽」がベース。小型車の新型プリウスが205万円とあっては、「環境対応」をアピールしたい法人はともかく、個人顧客の食指は動かない。

こんな価格になってしまうのは、一つはコストの半分を占めるとされるリチウムイオン電池の高さ。もう一つは、生産量の設定が少なすぎるからだ。海外含め初年度2000台。初の量産車と銘打っても到底、量産と呼べる水準ではない。

が、これが精いっぱいだった。

EVシステムで勝負 前途に中国“格安”車

益子社長がアイ・ミーブの開発にゴーサインを出したのは、05年5月。その前年には2154億円の大赤字にまみれ、ダイムラーが支援打ち切りを通告してきた。4カ月前の1月には2回目の再建計画を策定している。会社自体、生きるか死ぬかの瀬戸際での決断だった。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 大槻奈那先生、金融の修羅をゆく
  • 人生100年時代を生き抜く働き方
  • 最新の週刊東洋経済
  • 離婚親の選択
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地盤沈下に抗う<br>国際金融都市・ロンドンの秘策

強気の姿勢を押し出すジョンソン氏が首相に就任し、「合意なきEU離脱」が現実に迫る金融街シティー。逆境下で推進するフィンテック、グリーンファイナンス、人民元ビジネスの戦略を現地ルポ。イングランド銀行副総裁のインタビューも。

  • 新刊
  • ランキング