繋ぐことで生まれる「APIエコノミー」の衝撃

Uber、FinTechを支える新・経済圏とは?

それに対し、「APIエコノミー」という言葉は、ある企業のビジネスから別の企業のビジネスを呼び出すという意味で使われる。呼び出し側から見た場合、APIの先にあるものは、単なるソフトウェアの機能ではなく、企業が提供するビジネスそのものということになる。 

Uberの場合は、「タクシーの配車」というビジネスそのものをAPIとして公開し、他社が利用できるようにしている。

オープンイノベーションを促進

UberのAPIを利用する企業のひとつに、位置情報に基づき、お店やプレイスポットの検索サービスを提供するFoursquareがある。Foursquareでは、自社のスマホアプリに、UberのAPIを呼び出すコードを記述することで、Uberのビジネスを呼び出せようにしている。もし、このタクシー配車が単なるソフトウェア機能であるならば、Foursquareが自前でタクシーの配車業務を何らかの形で用意する必要がある。しかし、APIを通じてUberのビジネスそのものを呼び出しているため、その必要はない。

これによって、Foursquareのユーザーは、位置情報に基づいてタクシー手配をしたいとき、Uberのスマホアプリをダウンロードしたり、その都度起動したりしなくても、Foursquareのスマホアプリ上の位置情報に合わせて、タクシー手配ができるようになった。

Foursquareとしては、自社だけでは容易でなかった新サービス、ユーザー・エクスペリエンスの提供を非常に簡単に、すばやく実現できたわけである。一方、Uberも、自社チャネル以外から利用者を獲得できるようになった。

ちなみに、Foursquareでは、Uberだけでなく、OpenTableのオンラインレストラン予約ビジネスともAPI連携している。2012年にAPI連携を開始した当初は、たんに予約状況を閲覧できるだけだったが、2015年には予約まで可能にしている。Foursquareのスマホアプリ上の「Reserve with OpenTable」ボタンをタップすると、予約可能なレストランとその時間が表示され、そのまま予約までできるのである。

次ページ金融業界を賑わせているFinTech分野では顕著に
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 内田衛の日々是投資
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • iPhoneの裏技
  • 埼玉のナゾ
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大手から専業まで大混戦<br>中古マンション販売の隘路

新築価格が高止まりし、参入業者が急増する中古マンションの「買い取り再販」。デベロッパー自ら物件を取得し、リノベーションを施して販売する手法だ。価格上昇や売れ残り増加など懸念材料も出現、手放しでは喜べない活況の裏側を描く。