LOHACOはアマゾンや楽天と何が違うのか

米国流とは全く違う「ネット通販」のかたち

LOHACOの「ろはこ米」。北海道産のゆめぴりかを物流センターで自家精米してから顧客へ。LOHACOのネット通販は、ほかとは一味違う(撮影:今井康一)
オフィス向け通販を手がけるアスクル。同社が2012年10月にスタートしたのが個人向けネット通販「LOHACO」(ロハコ)。女性を中心に人気を集め、わずか4年目で顧客は累計で250万人超、年商300億円突破の勢いだ。急成長の秘密は、アマゾンとも楽天市場とも「考え方も仕組みも違うこと」にある。では何が違うのか。LOHACOは何を目指すのか。アスクルの岩田彰一郎社長兼CEOに聞いた。 

「第2世代のeコマース」を目指す

週刊東洋経済3月5日号(2月29日発売)の特集は『アマゾン 12兆円の巨大経済圏』です。増殖する「買い物帝国」。その全貌に迫りました。画像をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

――LOHACOは、アマゾン楽天市場などのネット通販と何が違うのでしょうか。

LOHACOが目指しているのは、新しい「第2世代のeコマース」だ。アマゾンや楽天などの第1世代のネット通販は、インターネットが一般化する初期の段階で、いちはやく新しい買い方としてサービスを提供し、消費者にロングテールという新しい価値をもたらしEC(電子商取引)の普及に貢献した。

その後、消費者の利用が進むにつれて、「同一商品ならどこで買うのが一番安いか」というような低価格競争が過熱し、商品がもつ本来の価値が見えにくい状況となってしまった。

そこでアスクルは、生産者と生活者の関係性を見直し、「流通がもつ本来の役割とは何か」を再定義することで新たなECの創造を目指した。それがLOHACOだ。

LOHACOは、家庭で必要なものをスピーディに届ける「日常使いのネット通販」。既存の流通とも、第1世代のECとも違う、お客様が主役の「ライフスタイル提案型」の日本発の新しいECとして、お客様の生活を支えるインフラになりたい。

次ページLOHACOの強みとは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • 本当に強い大学
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スクープ! 積水ハウス地面師事件<br>「封印された報告書」の全貌

「なぜ積水はだまされたのか」。2年前の地面師グループによる大型詐欺事件。謎を解く同社の内部資料を本誌が独自に入手した。だまされた積水が調査報告書の公開を拒む理由は。取引を承認した役員が現在も要職にある“闇”をいま明かす。