LOHACOはアマゾンや楽天と何が違うのか

米国流とは全く違う「ネット通販」のかたち

P&Gの人気スキンケアブランド「SK-Ⅱ」。LOHACOには価格だけではない価値があるからこそ、人気ブランドもECショップを開設した

メーカー直結型では、すでに具体例がある。たとえば、すでにLOHACOには化粧品専門のネットショップの「LOHACO BEAUTY」があるが、この2月からは人気スキンケアブランド「SK―Ⅱ」のEC専業初公式オンラインショップがオープンした。

これもメーカーが、価格だけではない新しい顧客創造のあり方について、私たちの考え方に共鳴してくれたから実現したのだと思う。

物流も「LOHACO流」、独自のポジションを築く

――物流の考え方も違うのですね。

LOHACOでは、お客様が日常使いの商品を複数まとめて購入し当日もしくは翌日に時間指定でお届け出来るように、物流ネットワークが構築されている。そこでは、よく売れる商品を効率よく詰めることができる高度なピッキングシステムや、スピーディに出荷しお客様の手元まで配送する仕組みが要求される。

画像を拡大
週刊東洋経済3月5日号の中吊り広告です。画像をクリックすると拡大します

さらに当社の物流センターは、通常の倉庫ではない。商品だけでなくサービスとしての価値もお届けするため、薬局があったり、精米所もあったりする。

後者は、生産者から厳選した玄米を買い取り、当社が物流センターで出荷直前に自家精米して届ける(北海道産のゆめぴりかを精米した「ろはこ米」)ためのものだ。これらはすべてお客様が求めるものをアスクルとしていかに提供出来るかを考えて生み出したものだ。

また、配送の考え方も違う。LOHACOは、B2Bが主体の通販であるアスクルの物流と組み合わせで構築しており、アスクル全体での自社配送比率は現在約60%。この比率はあくまでもお客様へのサービスをいかに最適化出来るか否かで変わるが、基本的には大手宅配パートナーの力を活用させてもらいながら、常にトータルに環境への負荷も考えて行動する。

ECの急成長を背景に、トップメーカーもデジタル化に経営の舵を切り出している。「新たな産業革命」といえる時代にあってアスクルは、企業理念である「お客様主義」を徹底しながら、自らの勝てる構造をもってして、メーカーとともに「新しい独自のポジション」をとっていく考えだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • トクを積む習慣
  • コロナウイルスの恐怖
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 財新
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本の経常収支に構造変化<br>10年後には赤字化も?

ドル円相場が不思議な安定を続けています。その背後に日本企業や投資家の行動変化があり、統計数値として経常収支に表れます。10年後に経常黒字が消え、通貨の信認を問われる時代になる可能性を踏まえ、国も企業も戦略を構築しておく必要があります。