LOHACOはアマゾンや楽天と何が違うのか

米国流とは全く違う「ネット通販」のかたち

年率約70%で成長する個人向けネット通販「LOHACO」。運営するアスクルの岩田彰一郎社長兼CEOは「LOHACOは、アマゾンや楽天とは考え方も仕組みも全く異なる」と言い切る

LOHACOでは、ビッグデータを活用したマーケティング・プラットフォームに注目している。もともとビッグデータはお客様のものだから、お客様のために役立てていきたい。「何を探していらっしゃるのか」「なぜ買っていただけなかったのか」などをメーカーとともに個人情報を含まない購買情報を分析・共有することで、お客様が本当に欲しいものにさらに近づいていく。

そのためにさまざまなパートナーと連携して、次の商品開発やマーケティング、顧客創造に生かしていく。このエネルギーこそが、LOHACOの最大の強みだ。

顧客目線でデザインも売り方も変わる

その実践の場といえるのが2014年につくった組織「LOHACO ECマーケティングラボ」だ。日本を代表するメーカーが私たちの考え方に賛同してくれ、今では55社が参加している。ここでは、企業の枠を超えてさまざまなマーケティングを展開している。現在3期目スタートを控えており、来期は100社超の参加を見込んでいる。

――LOHACOのキーワードは「自由」「オープン」「共創」だそうですね。他社に開放された「プラットフォーム」だと、具体的にどんなイノベーション(革新)が起きるのですか。

オープンプラットフォームやオープンイノベーションの実践の場では、お客様との向き合い方や商品の作り方、販促の仕方も大きく変わる。わかりやすいのがデザインだ。メーカーにとっての良いデザインとは、店頭で目立つもの。だが、お客様から見れば自宅に置いてしっくりくるものだ。

次ページ「くらしに馴染む」
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT