LOHACOはアマゾンや楽天と何が違うのか

米国流とは全く違う「ネット通販」のかたち

年率約70%で成長する個人向けネット通販「LOHACO」。運営するアスクルの岩田彰一郎社長兼CEOは「LOHACOは、アマゾンや楽天とは考え方も仕組みも全く異なる」と言い切る

LOHACOでは、ビッグデータを活用したマーケティング・プラットフォームに注目している。もともとビッグデータはお客様のものだから、お客様のために役立てていきたい。「何を探していらっしゃるのか」「なぜ買っていただけなかったのか」などをメーカーとともに個人情報を含まない購買情報を分析・共有することで、お客様が本当に欲しいものにさらに近づいていく。

そのためにさまざまなパートナーと連携して、次の商品開発やマーケティング、顧客創造に生かしていく。このエネルギーこそが、LOHACOの最大の強みだ。

顧客目線でデザインも売り方も変わる

その実践の場といえるのが2014年につくった組織「LOHACO ECマーケティングラボ」だ。日本を代表するメーカーが私たちの考え方に賛同してくれ、今では55社が参加している。ここでは、企業の枠を超えてさまざまなマーケティングを展開している。現在3期目スタートを控えており、来期は100社超の参加を見込んでいる。

――LOHACOのキーワードは「自由」「オープン」「共創」だそうですね。他社に開放された「プラットフォーム」だと、具体的にどんなイノベーション(革新)が起きるのですか。

オープンプラットフォームやオープンイノベーションの実践の場では、お客様との向き合い方や商品の作り方、販促の仕方も大きく変わる。わかりやすいのがデザインだ。メーカーにとっての良いデザインとは、店頭で目立つもの。だが、お客様から見れば自宅に置いてしっくりくるものだ。

次ページ「くらしに馴染む」
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナウイルスの恐怖
  • 就職四季報プラスワン
  • 若者のための経済学
  • 今日も香港から
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
船・港――海の経済学<br>ニッポンの生命線が危ない

環境規制の強化によって、日本の海運会社は大きな投資を迫られています。中韓に敗れた日本の造船業界はさらなる再編が不可避に。日本の港湾の競争力低下も止まりません。「海をめぐるグローバル競争」の最前線を掘り下げます。