理系思考術 岡嶋裕史著

理系思考術 岡嶋裕史著

ここ十数年の理工系離れは科学的なものの見方の地位が下がったからではないかと、大学で教える著者はいう。

経済性や合理性が反人間性ととらえられがちな現在の日本では「科学(=合理性)は人を幸せにしない」という印象を刷り込まれた人が増えているのではないかと危惧しながら、科学的思考は人として生きていくための確かな武器であると主張。

「どのように考えればいいのか」を主眼に「状況を可視化する考え方」「無駄を排する考え方」「相手の動きを読む考え方」「確率についての考え方」「確率で正解に迫る考え方」「類推で正解に迫る考え方」について事例をまじえて紹介し、勘より確かな理系思考の基礎を解説する。

ソフトバンク新書 767円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • インフレが日本を救う
  • 会社を変える人材開発の極意
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ニセコ 熱狂リゾートの実像<br>開発に翻弄される小さな北の町

「パウダースノー」を求め、北海道のニセコに殺到する外国人客。その数は住民約2万人の14倍にも及びます。観光ばかりでなく、別荘が建ち不動産投資も活発化しましたが、地価高騰やインフラ整備負担による財政圧迫の問題も出ています。活況と苦悩の両面に迫りました。