理系思考術 岡嶋裕史著

理系思考術 岡嶋裕史著

ここ十数年の理工系離れは科学的なものの見方の地位が下がったからではないかと、大学で教える著者はいう。

経済性や合理性が反人間性ととらえられがちな現在の日本では「科学(=合理性)は人を幸せにしない」という印象を刷り込まれた人が増えているのではないかと危惧しながら、科学的思考は人として生きていくための確かな武器であると主張。

「どのように考えればいいのか」を主眼に「状況を可視化する考え方」「無駄を排する考え方」「相手の動きを読む考え方」「確率についての考え方」「確率で正解に迫る考え方」「類推で正解に迫る考え方」について事例をまじえて紹介し、勘より確かな理系思考の基礎を解説する。

ソフトバンク新書 767円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • コロナ後を生き抜く
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT