理系思考術 岡嶋裕史著

理系思考術 岡嶋裕史著

ここ十数年の理工系離れは科学的なものの見方の地位が下がったからではないかと、大学で教える著者はいう。

経済性や合理性が反人間性ととらえられがちな現在の日本では「科学(=合理性)は人を幸せにしない」という印象を刷り込まれた人が増えているのではないかと危惧しながら、科学的思考は人として生きていくための確かな武器であると主張。

「どのように考えればいいのか」を主眼に「状況を可視化する考え方」「無駄を排する考え方」「相手の動きを読む考え方」「確率についての考え方」「確率で正解に迫る考え方」「類推で正解に迫る考え方」について事例をまじえて紹介し、勘より確かな理系思考の基礎を解説する。

ソフトバンク新書 767円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 本当に強い大学
  • コロナショックの大波紋
  • 地方創生のリアル
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大学 シン・序列<br>コロナ後に変わる名門校の条件

コロナショックを受けて、大学をめぐる環境は急変。授業のオンライン化、学生の経済的困窮など、解決するべき課題は山積しています。大学はどのように変わるのか。50ページにわたる特集で最高学府の近未来を探りました。