負けない 勢古浩爾著

負けない 勢古浩爾著

自分が負けそうな気分になったとき、「よし、負けない」と著者は叱咤してきた。「勝つぞ」ではない。「絶対勝つ」はさらに無理。うそになる言葉は、たとえ景気づけでも言わないという。「よし、負けない」ならうそにならない。謙虚で、柔軟で、しかも強い響きがあると。ただし、「負けない」と自分を叱咤して、終わりではない。そこから再スタートしなければならない。

嫌なことや困難にぶつかったとき、「これも経験だ」と自分に言ってみるのもいい。しかし、しなくてもいい非人間的な「経験」まですることはない。そのときは自分をごまかさず、ここでも「負けない」でいくべきである。

評論家が、「市井の一般人」の人生を立て直す術を説く。

ちくまプリマー新書 819円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • 本当に強い大学
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スクープ! 積水ハウス地面師事件<br>「封印された報告書」の全貌

「なぜ積水はだまされたのか」。2年前の地面師グループによる大型詐欺事件。謎を解く同社の内部資料を本誌が独自に入手した。だまされた積水が調査報告書の公開を拒む理由は。取引を承認した役員が現在も要職にある“闇”をいま明かす。