負けない 勢古浩爾著

負けない 勢古浩爾著

自分が負けそうな気分になったとき、「よし、負けない」と著者は叱咤してきた。「勝つぞ」ではない。「絶対勝つ」はさらに無理。うそになる言葉は、たとえ景気づけでも言わないという。「よし、負けない」ならうそにならない。謙虚で、柔軟で、しかも強い響きがあると。ただし、「負けない」と自分を叱咤して、終わりではない。そこから再スタートしなければならない。

嫌なことや困難にぶつかったとき、「これも経験だ」と自分に言ってみるのもいい。しかし、しなくてもいい非人間的な「経験」まですることはない。そのときは自分をごまかさず、ここでも「負けない」でいくべきである。

評論家が、「市井の一般人」の人生を立て直す術を説く。

ちくまプリマー新書 819円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
5G革命<br>勃興する巨大市場をつかめ!

現在の「4G」に続く、新しい移動通信システム「5G」。「超高速」だけではなく「超低遅延」「多数同時接続」が可能になり、私たちの暮らしやビジネスはがらりと変わる。動画配信、ゲーム、自動運転、スマート工場や通信業界の未来像を紹介。