豚インフルエンザの真実 人間とパンデミックの果てなき戦い 外岡立人著

豚インフルエンザの真実 人間とパンデミックの果てなき戦い 外岡立人著

著者は公衆衛生の専門家であり、新型インフルエンザの流行に備え世界の英語ニュースサイトから集めた情報を紹介するウェブサイトを2005年から主宰している。その著者にして想定外だった豚インフルエンザの流行。

最後の最新インフルエンザである香港インフルエンザの出現から40年、世界中が警戒する中で発生した新型インフルエンザに混乱しつつも冷静に対応する欧米に比べ、日本の対応は過剰にして穴だらけだと著者の指摘は厳しい。

専門家がいない行政、基礎知識を持たずに右往左往するマスコミ……。日本を襲った豚インフルエンザ騒動を冷静に振り返り、パニックに陥らせた原因を探りながら、真に有用な知識と情報を提供する。

幻冬舎新書 798円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 溺愛されるのにはワケがある
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
先陣切った米国の生産再開<br>透けるトヨタの“深謀遠慮”

米国でトヨタ自動車が約50日ぶりに5月11日から現地生産を再開しました。いち早く操業再開に踏み切った背景にあるのが、日本の国内工場と米トランプ政権への配慮。ドル箱の米国市場も国内生産も守りたい巨大グローバル企業の深謀遠慮が垣間見えます。