イワシと気候変動 漁業の未来を考える 川崎健著

イワシと気候変動 漁業の未来を考える 川崎健著

日本の漁獲高は減り続け、食卓になじみ深いイワシの水揚げも伸び悩む。海洋生態学者が、その事情を解説する。

これまでは人間の乱獲が漁獲量に影響すると考えられてきた。それに加えて、魚の多寡は地球の大気や海中の状況の影響を受ける。世界の海は「統一した法則」の下で変化しているのだ。現在は温暖化による海水温の上昇で、世界中の海で生態系が激変し、日本近海の環境と魚の分布も変わった。

著者は漁業・海洋資源を世界で一元的に管理することが合理的だとする。しかし現実の世界では各国が自国の経済的利益を追求し、海の分断が進んだ。その方針を転換し「地球環境の切り売りをしてはならない」と主張する。

岩波新書 735円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 360°カメラで巡る東京23区の名建築
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。