イワシと気候変動 漁業の未来を考える 川崎健著

イワシと気候変動 漁業の未来を考える 川崎健著

日本の漁獲高は減り続け、食卓になじみ深いイワシの水揚げも伸び悩む。海洋生態学者が、その事情を解説する。

これまでは人間の乱獲が漁獲量に影響すると考えられてきた。それに加えて、魚の多寡は地球の大気や海中の状況の影響を受ける。世界の海は「統一した法則」の下で変化しているのだ。現在は温暖化による海水温の上昇で、世界中の海で生態系が激変し、日本近海の環境と魚の分布も変わった。

著者は漁業・海洋資源を世界で一元的に管理することが合理的だとする。しかし現実の世界では各国が自国の経済的利益を追求し、海の分断が進んだ。その方針を転換し「地球環境の切り売りをしてはならない」と主張する。

岩波新書 735円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 最新の週刊東洋経済
  • 見過ごされる若者の貧困
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT