イワシと気候変動 漁業の未来を考える 川崎健著

イワシと気候変動 漁業の未来を考える 川崎健著

日本の漁獲高は減り続け、食卓になじみ深いイワシの水揚げも伸び悩む。海洋生態学者が、その事情を解説する。

これまでは人間の乱獲が漁獲量に影響すると考えられてきた。それに加えて、魚の多寡は地球の大気や海中の状況の影響を受ける。世界の海は「統一した法則」の下で変化しているのだ。現在は温暖化による海水温の上昇で、世界中の海で生態系が激変し、日本近海の環境と魚の分布も変わった。

著者は漁業・海洋資源を世界で一元的に管理することが合理的だとする。しかし現実の世界では各国が自国の経済的利益を追求し、海の分断が進んだ。その方針を転換し「地球環境の切り売りをしてはならない」と主張する。

岩波新書 735円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • ソロモンの指輪〜「本能と進化」から考える〜
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 御社のオタクを紹介してください
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>世界で戦える組織へ

成長を確実にする組織の根幹を成すのが、研究開発と人事である。研究開発体制は2015年4月、各研究所に横串を通し、顧客起点の組織に生まれ変わらせた。人事制度もグローバル化がほぼ完了。踊り場から飛躍へ、日立の地固めの様相を追う。