日本の農業は成長産業に変えられる 大泉一貫著

日本の農業は成長産業に変えられる 大泉一貫著

従事者の6割が65歳以上、毎年1500億円の農業生産額が減る一方で輸入農産物の横溢、減反にもかかわらず輸入されるミニマムアクセス米……。明らかに衰退しているように思われる日本の農業が本当に再生できるのか。

農業は戦後、閉鎖的保護主義的になりすぎたために衰退していったと農学経済学者の著者は判定する。農業を成長産業にするためには、生産制限から生産拡大への政策転換、ビジネスとして通用する生産体制の構築、それを可能にする前向きな制度改革が必要不可欠だと指摘する。

食糧供給基盤を拡充することは、日本にとって大きな課題である。日本の農業および農政の改革案を提言した「農業成長産業論」。

新書y/洋泉社 798円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ブックス・レビュー
  • 不妊治療のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大物経営者でも容赦なし<br>株主総会で支持率低下続出

LIXILグループなど、株主総会における株主提案が存在感を増している。取締役選任決議を独自に調査し、否決5人を含む賛成率の低い30人と、対前年で賛成率悪化幅の大きい200人のリストを掲載。社外取締役に対する株主の視線は厳しい。