日本の農業は成長産業に変えられる 大泉一貫著

日本の農業は成長産業に変えられる 大泉一貫著

従事者の6割が65歳以上、毎年1500億円の農業生産額が減る一方で輸入農産物の横溢、減反にもかかわらず輸入されるミニマムアクセス米……。明らかに衰退しているように思われる日本の農業が本当に再生できるのか。

農業は戦後、閉鎖的保護主義的になりすぎたために衰退していったと農学経済学者の著者は判定する。農業を成長産業にするためには、生産制限から生産拡大への政策転換、ビジネスとして通用する生産体制の構築、それを可能にする前向きな制度改革が必要不可欠だと指摘する。

食糧供給基盤を拡充することは、日本にとって大きな課題である。日本の農業および農政の改革案を提言した「農業成長産業論」。

新書y/洋泉社 798円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 就職四季報プラスワン
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナ戦争を読み解く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
“臭いものに蓋”で終わるのか<br>JDI「不正会計」の晴れぬ闇

ジャパンディスプレイが不正会計について、第三者委員会調査報告書を公表しました。しかしその内容は有識者8人のうち7人がF(不合格)の格付けをするほどの低評価です。自殺した社員に責任を押し付ける報告書の詳細をリポートしました。