日本の農業は成長産業に変えられる 大泉一貫著

日本の農業は成長産業に変えられる 大泉一貫著

従事者の6割が65歳以上、毎年1500億円の農業生産額が減る一方で輸入農産物の横溢、減反にもかかわらず輸入されるミニマムアクセス米……。明らかに衰退しているように思われる日本の農業が本当に再生できるのか。

農業は戦後、閉鎖的保護主義的になりすぎたために衰退していったと農学経済学者の著者は判定する。農業を成長産業にするためには、生産制限から生産拡大への政策転換、ビジネスとして通用する生産体制の構築、それを可能にする前向きな制度改革が必要不可欠だと指摘する。

食糧供給基盤を拡充することは、日本にとって大きな課題である。日本の農業および農政の改革案を提言した「農業成長産業論」。

新書y/洋泉社 798円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 北朝鮮ニュース
  • 食べれば世界がわかる!カレー経済圏
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小売り、外食…<br>値決めの勝者と敗者

値下げをすれば客が来る、値上げをすれば客が減るという常識が通用しない。「65円靴下」などの激安セールでも客離れに泣くしまむら。一方で、壱番屋やリンガーハットは値上げをしても客足は遠のかない。勝敗の分岐点はどこにあるのか。