格差社会の衝撃 リチャード・G・ウィルキンソン著/池本幸生他訳

格差社会の衝撃 リチャード・G・ウィルキンソン著/池本幸生他訳

格差、不平等というと、とかく所得の絶対水準格差にばかり目がいきがちだが、本書では健康格差、寿命格差をキーワードとしてむしろ主題にする。

経済発展によって所得が向上し、絶対的な物質欠乏が解消されると、「疫学転換」という健康指標の一大変化が起こる。たとえば、死亡率の上下は、乳幼児の古いタイプの感染症ではなく、高年齢層の心臓病やガンといった変成疾患が主要因になり、同時に、「贅沢病」は貧困層に広がり、心臓病や肥満の分布は富裕層と逆転する。また豊かな国になると、平均寿命は経済成長の変化に反応しなくなる。

本書は、平等が健康を促し、不平等は富める者も不健康にする現実を冷静なタッチで事例豊富に分析する。不平等は、富める者もストレスに満ちた人生に陥らせかねないようだ。

原著は2005年の刊行で、データもほぼ1990年代までのものに基づくが、その現在を見通した論証の確かさに驚かされる。

書籍工房早山 1995円

Amazonで見る
楽天で見る

関連記事
トピックボードAD
  • グローバルアイ
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
携帯料金は4割下がる?<br>「高い」の根拠を徹底検証

菅官房長官の「4割下げられる」発言の数値的根拠は正当か? やり玉に挙がるキャリア3社の携帯通信料金の解明に担当記者が挑む。結論は「高いとはいえないが、キャリアは儲けすぎ」。取られすぎと感じる人必読の渾身リポート。