戦略の失敗学 森谷正規著

戦略の失敗学 森谷正規著

国際競争に敗れたDRAMや液晶パネル、あるいはケータイ。そもそもニーズがなかった超高速貨物船の建造。そんな新技術新商品を中心にカネボウ、そごう、夕張市まで28の事例がなぜ失敗したか、まず事実関係が詳細に述べられる。

そして失敗の原因を12の落とし穴に分類し、マトリックス的に戦略面から分析している。「人間、社会、事柄の本質」が理解できていないために失敗したケースが赤裸々に解明される箇所では寒々した感にさえ襲われる。失敗を防ぐための提言まで読み進めると戦略の奥深さに気後れさえするが、ひるんではいられない。

ほとんど人智、予測を超えていると感じられる失敗事例もあるが、真面目に働く現場を裏切る巨額の損失を防ぐためにも、戦略チェックに時間とカネをいくらかけても十分ということはないのだろう。最後にこれから失敗のおそれがあるという8例が挙げられているが、10年後にどうなっているか、興味は尽きない。(純)

東洋経済新報社 1890円

詳しい紹介ページはこちら
Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 最新の週刊東洋経済
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 女性の美学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ナベツネが腹を割って語る<br>政治、そしてメディアの未来

読売新聞主筆として93歳の今も、社論をまとめる要の役割を果たしている渡邉恒雄氏。安倍首相と定期的に会食するなど、なお政治のキーマンでもある。歴代の首相を知る同氏は現在の政治とメディアをどう見ているのか。本誌編集長がインタビュー。