希27歳、東京に染まってフラれてしまった!

「染まらないところが好きだったのに」

「田舎にいるとブスになる」――。そのフレーズが頭にこびりついて離れず、地元の垢を、洗練された街の空気で落として清めるように、その足で、六本木のTTRに寄り道しました。

TTRってのは、TSUTAYA TOKYO ROPPONGIの略です。おしゃれな女の子たちのinstagramでたまに見かける「# OOTD」(Outfit of the Day=今日のコーデ)の略語のように、会社の女の子たちの間では、常識です。堂々と言うのは照れますけどね(笑)。

「広告代理店の男の彼女は、旨味がすごく少ない」?

「広告代理店の男の彼女は旨味がすごく少ない」に妙に納得

最近眞希子は、代理店の同じ年の男の子と交際を始めたようですが、なんだか不満が絶えないようです。

先日ランチのとき、「ぱっと見派手だしかっこいいけど、連れて行ってくれるお店が劇的にイケてない!」と憤慨していました。予約も全然していないで、ふらっと入るそうです。『蟻月』とか『鳥小屋』とか有名なもつ鍋でなんか全然なくて、チェーンのもつ鍋やだったり、『ガルス』とか、『串右エ門』みたいな焼き鳥はおろか、ちょうちんもメニューにないような焼き鳥風居酒屋だったりとか……。

「だいたい、コートにもつ鍋の匂いが染み付いただけ、損した気分!」って怒っていた眞希子に、皆「わかるー!」って大笑いしていました(笑)。

眞希子曰く、「広告代理店の男、テレビ局の男、商社の男は、最悪だよ。お給料はさほどの割に、派手でモテるから、彼女でいることの旨味がすごく少ない」だそうですよ。なるほどなぁと妙に納得してしまいました。彼らは、合コンだ、飲み会だって仲間達と散財する割に、いわゆる日系企業のサラリーマンですから、無尽蔵にお金があるわけではなく、彼女とのデートは、案外ローコストに抑えられがちなのだそうです。

「それでも、うちの会社よりは稼いでるけどね」って笑ってランチタイム終了。1時間という限られた中で、皆マシンガンのように喋って喋って……。

次ページ別れ際、二階堂が言ったセリフに、あの曲の一節が蘇り…
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT