任天堂 “驚き”を生む方程式 井上理著

任天堂 “驚き”を生む方程式 井上理著

この3月、携帯型ゲーム機「ニンテンドーDS」が史上最速(4年3カ月)で世界累計販売台数1億台の大台を達成、Wiiも据え置き型機として最速(2年5カ月)の5000万台を突破した。

当然、任天堂の業績は絶好調。2009年3月期の連結ベースで、従業員1人当たり売上高はなんと4・4億円、営業利益は1・3億円と驚異的な水準を維持。収益のほとんどを稼ぐ単体決算となれば、その数字は3倍近くにはね上がる。

いまや、米国アップルやグーグルと並ぶ「革新的な企業」というイメージも定着しつつある。なぜ任天堂は並み居る企業が苦戦を強いられるなかで、好調を維持できるのか。誰もが知りたいところだろう。

本書は、任天堂の持つ独自の哲学を、その源流にさかのぼって明らかにする。この答えは意外にシンプル。「娯楽に徹せよ。独創的であれ」。「花札屋から世界企業へ」、快進撃の秘密が見事に解き明かされる。

日本経済新聞出版社 1785円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
自動車販売会社の『車検』争奪戦が熾烈なワケ
自動車販売会社の『車検』争奪戦が熾烈なワケ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT