患者のための医療情報収集ガイド 北澤京子著

患者のための医療情報収集ガイド 北澤京子著

「あなたはどの治療をお望みか」と聞かれたとき、どう答えることができるか。今や患者・市民にとって、「入手可能な情報がない」ことが問題なのではなく、「情報の質を吟味できない」ことこそに問題があると、『日経メディカル』編集委員の著者は指摘する。

著者によれば、臨床研究の成果は論文として、少なくともその概要の多くはインターネット上に無料公開されている。医療従事者と患者の間に、もはや本質的な情報格差は存在しない。その論文の結論は何か、信頼できるか、自分にとって役に立つかは、CASPというプログラムによっての吟味が有効だという。

信頼できる情報を基に納得して医療を受けるスキルを教示する。

ちくま新書 756円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大物経営者でも容赦なし<br>株主総会で支持率低下続出

LIXILグループなど、株主総会における株主提案が存在感を増している。取締役選任決議を独自に調査し、否決5人を含む賛成率の低い30人と、対前年で賛成率悪化幅の大きい200人のリストを掲載。社外取締役に対する株主の視線は厳しい。