患者のための医療情報収集ガイド 北澤京子著

患者のための医療情報収集ガイド 北澤京子著

「あなたはどの治療をお望みか」と聞かれたとき、どう答えることができるか。今や患者・市民にとって、「入手可能な情報がない」ことが問題なのではなく、「情報の質を吟味できない」ことこそに問題があると、『日経メディカル』編集委員の著者は指摘する。

著者によれば、臨床研究の成果は論文として、少なくともその概要の多くはインターネット上に無料公開されている。医療従事者と患者の間に、もはや本質的な情報格差は存在しない。その論文の結論は何か、信頼できるか、自分にとって役に立つかは、CASPというプログラムによっての吟味が有効だという。

信頼できる情報を基に納得して医療を受けるスキルを教示する。

ちくま新書 756円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「合法薬物依存」の深い闇
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ニセコ 熱狂リゾートの実像<br>開発に翻弄される小さな北の町

「パウダースノー」を求め、北海道のニセコに殺到する外国人客。その数は住民約2万人の14倍にも及びます。観光ばかりでなく、別荘が建ち不動産投資も活発化しましたが、地価高騰やインフラ整備負担による財政圧迫の問題も出ています。活況と苦悩の両面に迫りました。