患者のための医療情報収集ガイド 北澤京子著

患者のための医療情報収集ガイド 北澤京子著

「あなたはどの治療をお望みか」と聞かれたとき、どう答えることができるか。今や患者・市民にとって、「入手可能な情報がない」ことが問題なのではなく、「情報の質を吟味できない」ことこそに問題があると、『日経メディカル』編集委員の著者は指摘する。

著者によれば、臨床研究の成果は論文として、少なくともその概要の多くはインターネット上に無料公開されている。医療従事者と患者の間に、もはや本質的な情報格差は存在しない。その論文の結論は何か、信頼できるか、自分にとって役に立つかは、CASPというプログラムによっての吟味が有効だという。

信頼できる情報を基に納得して医療を受けるスキルを教示する。

ちくま新書 756円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 看取り士という仕事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
企業の成長に最も大切なものは<br>新浪剛史氏インタビュー

社員を追い詰めながら業績をひねり出すのではなく、「まずは理念の共有」が新浪流。ローソンから移って5年目、サントリーホールディングスの舵を取る辣腕経営者が、米ビーム社統合でも貫かれた「社員を大事にする経営」の神髄を語る。