伊藤理佐夫婦、子育てでまともな生活になる

吉田戦車×伊藤理佐夫婦の「産後対談」(3)

吉田:子どもに対して俺が怒鳴ったり、言葉が荒っぽくなると、「それはやめてくれ」って細かいダメ出しは普通にあるけどね。

伊藤:「バカ」って言うと、子どもも真似して「バカ」って言っちゃうから、それはやめようねとか。

吉田:「バカちんが!」って、言い方ちょっと和らげてくれとか。

伊藤:それが「パカ」になって「アルパカ」になって、最近「パカめ」から「パカラ」になって…。それでも、一応、子どもの前では、父親が一番えらいことにして、そういうプレイをしてます。「ほら、お父さんが帰ってきたよ!」、「お父さんがこう言ってたよ」って大げさなくらいに言って。

吉田:「理不尽に怒ることもあるんだよ、お父さんは」とかね。

伊藤:お互い結構、子どもの前でも生身の姿をさらけ出してるほうだと思う。お父さんだから、お母さんだから、いい人間とは限らない。不機嫌だから怒ることもあるんだって感じで、あんまり反省はしないかも。

暴力的にまともな生活に!親になって変わったこと

吉田:ただ、子どもが生まれて確実に変わったのは、お互い健康になったこと。夜11時に寝る生活なんて、それまでの伊藤さんにはありえなかったし。

伊藤:子ども中心の生活してると健康になりますよ。子どもの前だと朝ご飯ちゃんと食べなきゃいけないし、野菜も食べるし。ほとんど暴力的にまともな生活させられてる。その反動で、幼稚園のお泊まり保育があって、夜娘がいなかったときの私たちの荒れ方すごかったもんね。

吉田:4軒ぐらいはしごしたんだっけ?

伊藤:まず歌舞伎を観に行って、新橋で1杯ひっかけて、高円寺で飲んで。その後、たばこ吸わないくせに、なぜかシガーバーに行ったりして、家に帰ってからも、さらに飲んでた。

吉田:そんなに飲んだっけ?

伊藤:手がプルプル震えてるのに、「なんでこんなに飲んでるんだろう? なにはっちゃけてるんだ?」と思いつつ。翌朝、結婚してはじめてゴミ出しを放棄して。よくわかんないけど、楽しかったことにしておこうと。

吉田:子どもが外泊することあったら、これからも絶対、外に出るね。家でおとなしくメシ食うなんてことは、絶対ないな。

次ページ子どもが生まれてからは、待つことが増えた
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大乱世の思想ガイド<br>マルクスvs.ケインズ

戦後社会の信念とイデオロギーが崩れ落ちる今、危機を乗り越えるための思想が必要です。脱経済成長を旗印に支持を広げる新マルクス主義とコロナ禍で完全復活したケインズ主義を軸に、大思想家が残した知恵を学び直します。

東洋経済education×ICT