伊藤理佐夫婦、子育てでまともな生活になる

吉田戦車×伊藤理佐夫婦の「産後対談」(3)

伊藤:あと親になって変わったのは、我慢する、待つことを覚えたことかな。仕事柄、人を待たせることが多かったけど、子どもが産まれてから待たされることが増えた。子どもが遊んでいる間も、おっぱい飲み終わる間も、常に待たされて…。歴代の担当編集者さんたちに仕返しをされてる?呪われてる?と疑うほどですよ。この年で、そんなことができるようになったのが、ステップアップなのかダウンなのかわからないけど、やっと普通の社会人になれたかな?と。

我慢する、待つことが増えた

吉田:家族で動物園に行ったときも、「かわりばんこでウォーキングしようよ」って言うと、「見てるから行ってきていいよ」って、遊具コーナーで遊んでいる娘をずーっと待ってたよね。その間にこっちは動物園を3周ぐらいして。

伊藤:ああいうところにいる他のお母さん、普通に待ってるんだもん。

吉田:辛抱強くなったよね。遅くに産んだ子というのもあって、「いま一緒にいなきゃ損だ。目を離したらあっという間にでかくなっちゃう」って言っていたこともあったしね。

伊藤:私ももう40代半ばだし、吉田さんも52だし、娘が成人する頃は老人だねぇ。

吉田:できるだけ娘に介護されないように長生きしなきゃ、っていうのはやっぱり強く思う。同世代で死んでいく人も結構いるから、減塩を心がけたりはしています。あと20年、できれば30年は元気でいたいね、お互い。

伊藤理佐
漫画家。1969年生まれ、長野県出身。2010年、第一子出産。87年、『月刊ASUKA』に掲載された「お父さんの休日」でデビュー。2005年、『おいピータン!!』で 第29回講談社漫画賞少女部門受賞。06年、『女いっぴき猫ふたり』『おんなの窓』など一連の作品で第10回手塚治虫文化賞短編賞受賞。代表作に、『やっちまったよ一戸建』『なまけものダイエット』『おかあさんの扉』など。
吉田戦車
漫画家。1963年生まれ。岩手県出身。1985年、雑誌のイラスト等でデビュー。1991年、『伝染るんです。』で第37回文藝春秋漫画賞を受賞。代表作に『ぷりぷり県』『火星田マチ子』『まんが親』『おかゆネコ』、エッセイ集『吉田自転車』『逃避めし』などがある。2015年、一連の作品で第19回手塚治虫文化賞短編賞を受賞。

 

※プロフィールは記事掲載時点の情報です。

(編集/山上景子 文/樺山美夏)

赤すぐnetみんなの体験記の関連記事
朝寝て昼寝て夜も寝て…恐るべし眠気づわり!そして神対応の夫に感謝 by 内野こめこ
『君はすごくよくやってると思うよ』面倒がり屋の夫のレアな言葉に救われた
お互いに対する気持ち、そして夫婦円満の秘訣とは。矢沢心さん×魔裟斗さん夫婦インタビュー
 

 

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大乱世の思想ガイド<br>マルクスvs.ケインズ

戦後社会の信念とイデオロギーが崩れ落ちる今、危機を乗り越えるための思想が必要です。脱経済成長を旗印に支持を広げる新マルクス主義とコロナ禍で完全復活したケインズ主義を軸に、大思想家が残した知恵を学び直します。

東洋経済education×ICT