日本株の下値固めを左右する「ドル円」動向

2円50銭刻みで1000円の振れがみられる

16日、2日続けて日経平均株価は上昇。為替や原油相場の動向をにらみながら底値を固めることになりそうだ(AP/アフロ)

前回(2月3日)の本稿に、移動平均の25日線と75日線が大きく離れているため、日柄調整が必要と述べた。2月中旬、日経平均株価は1万4900円台から一時1万6300円台まで急回復した。背景としては①米個人消費の底堅さ、②欧州銀行の信用不安後退、③円高と原油安の一服等が挙げられる。過度なリスク回避姿勢がいったん後退したが、今後の日本株は乱高下が続くのか。テクニカル面からみたポイントをまとめてみた。

信用6カ月期日は2月中旬に山場を通過

2015年の日本株のピークを振り返ると、年初来高値2万0868円をつけたのが6月24日。一方、東証1部時価総額は8月10日(600兆円超え)、二市場信用買い残は8月17日(約3.6兆円)とそれぞれしこりを残していた。

2016年2月上旬、産油国マネーの換金売りや仕組債のオプションに絡む投機売り等が加速した。さらに昨夏の高値圏で信用買いした投資家が2月中旬(2月10日~17日)に6カ月期日の山場を迎えるなか、追い証(追加保証金の差し入れ義務)発生に伴う投げ売りも重なった。足元の時価総額は約490兆円、信用買い残も2.9兆円まで縮小し、戻り売り圧力が徐々に和らいでいる。

1988年以降、日経平均株価の年間騰落率がマイナスとなったのは13回ある。その下落した年の平均はマイナス18.8%となり、2015年末値1万9033円に当てはめると1万5454円。また長期的にいったん下げ渋る水準とされる52週線マイナス20%だと約1万5300円。

2月12日時点の日経平均株価は1万4952円。それぞれのフシ目を下回ったうえ、年初来マイナス21.4%となる下げピッチの速さは異常。売られすぎの水準に達したのち、いったん売り一巡感も台頭しつつある。

次ページ上海で開催されるG20に注目
人気記事
トピックボードAD
  • インフレが日本を救う
  • 最新の週刊東洋経済
  • iPhoneの裏技
  • グローバルアイ
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
採用クライシス<br>就活ルール廃止の衝撃

経団連が就活ルール作りからの撤退を決定。採用日程は今後どうなるのか。中長期的なあり方を議論する間もなく、足元では超売り手市場の下、仁義なき新卒争奪戦が繰り広げられている。採用手法も人気業界も激変する中での各社の取り組みは……。