日本株の下値固めを左右する「ドル円」動向

2円50銭刻みで1000円の振れがみられる

2016年の日経平均株価の下げ幅は一時4000円超に達した。1月は原油安(政府系ファンドとみられる換金売り)、2月は円高(国内企業業績の悪化懸念)が日本株を下押したといえる。

1~2月の動きをみると、NY原油先物(WTI)は26ドル台半ばで下げ渋る一方、ドル円は115円台から110円台まで円高方向へ振れた。国内企業収益の下振れを懸念、市場参加者は日本株のフェアバリュー(株価収益率13~14倍)を手探りつつ、日中値幅の拡大が続いている。

そこでドル円と日経平均株価を複眼すると「2円50銭刻み=1000円の振れ」(115.00円=1万6000円、112.50円=1万5000円、110.00円=1万4000円)が浮かんでくる。

2月15日、安倍首相は衆院予算委員会の答弁で「為替市場についてはG7やG20などで合意されているように、急激な相場変動は望ましくないと考えている。財務大臣には引き続きしっかりとみてもらい、必要に応じ適切に対応してもらいたい」と述べた。

2月26日~27日、上海でG20が開催される。新興国の資本規制について働きかけたい日本等に対し、議長国の中国は静観する姿勢。米利上げを機に新興国の資本流出が進むなか、為替市場の安定化につなぐことができるのか注目される。

マイナス金利による銀行業績への懸念

さて、2月16日に日銀のマイナス金利政策が始まった。米格付会社の試算によると、マイナス金利政策による国内銀行の業務純益(初年度)はメガバンクが8%程度、地銀は15%程度押し下げるとしている。足元では欧州銀行が債券の買い戻しを発表、金融機関の信用不安がいったん後退。国内銀行株も大幅上昇となったものの、業績の下振れ懸念はぬぐえていない。また、国内上場企業の2015年10~12月期の決算が出そろい、連結経常利益は前年同期比6%の増益を確保した一方、通期での伸びは鈍化しそうだ。

ただテクニカル面からみると、期日明けに伴う需給改善期待されるなか、年初来マイナス18.8%超(約1万5400円以下)は売られすぎの水準といえ、今後はドル円と日本株を複眼的にとらえることがポイントとなる。

自社株買いを発表した大手通信株の一角が大幅高になる等、底入れの兆しもうかがえる。当面は為替市場や原油市場の落ち着きを確認しつつ、日本株は下値固めの展開が想定される。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 埼玉のナゾ
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頭脳争奪<br>中国が仕掛ける大学戦争

国の未来を左右するのは優れた頭脳。大国化した中国は今、その受け皿となる世界トップレベルの大学をつくることに驀進中だ。1つの象徴が深圳(しんせん)の南方科技大学。教育強国となった中国の戦略と、受けて立つ日本の危機感が浮き彫りに。