レアメタル超入門 現代の山師が挑む魑魅魍魎の世界 中村繁夫著

レアメタル超入門 現代の山師が挑む魑魅魍魎の世界 中村繁夫著

レアメタル(希少金属)は携帯電話、コンピュータ、排ガス浄化装置などに使われ、情報通信と環境の両産業に欠かせない。専門商社を経営する著者が、ビジネス現場の実体験に基づき解説する。

動きの一つは資源ナショナリズム。レアメタルは2008年までの暴騰後に急反落したが、著者は「底値を確認し必ず反転する」と予想する。特に中国は国家戦略として確保を進め、アフリカなどで活発に動く。消費大国、資源貧国の日本は出遅れ気味だ。

もう一つの流れは、環境を保護する資源プラネティズムだ。省エネ技術を持つ日本の産業界が、レアメタルを握れば「鬼に金棒」。日本の政官財の覚醒と、資源獲得競争への参加を促す。

幻冬舎新書 777円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 若手社員のための「社会人入門」
  • 逆境からの人々
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
白川日銀前総裁インタビュー<br>中央銀行の役割とは

退任から5年半。総裁就任前を含め、日銀とともにあった足跡を記した著書『中央銀行』が出版された。なぜ今沈黙を破ったか、金融政策が数々の批判にさらされたのはなぜか。日本経済の持続可能性への思い、中央銀行の果たすべき役割とは。