40代が熱くなる「大映ドラマカラオケ」の磁力

ドラマの名シーンを味わう絶妙な仕掛け

1980年代に放映された「大映ドラマ」(C)大映テレビ

ドラマの名場面を見ながら、カラオケを歌う。そんなありそうでなかったシチュエーションを実現した、第一興商のLIVE DAM STADIUMが「西部警察スペシャルカラオケ」を発表したのが昨年の4月のこと。SNS等でも大いなる反響を得たという好評を受けて、第二弾がリリースされた。それが「大映ドラマスペシャルカラオケ」だ。

ラグビーのテーマ曲といえば「ヒーロー」

「スクール☆ウォーズ」の主題歌「ヒーロー」はレコードもたくさん売れた

このスペシャルカラオケを企画したのは、第一興商・編成企画部の小倉博之チーフ。「大映ドラマはアラフォー、アラフィフ世代の幅広い層に遺伝子のレベルまでしみ込んでいる存在。主題歌と映像の結びつきが密接。この映像をカラオケで配信したい」と考えたのだと言う。

実際、アラフォー以上の世代にとって、80年代に放映された、いわゆる「大映ドラマ」は青春の記憶とともにあったと言っても過言ではないかもしれない。主人公が運命のいたずらに翻弄されながらも、幸運にも成功を手に入れていくストーリー。強烈な感情表現と、大げさなセリフ回しなど、映画を土台にした独特の演出が視聴者から熱烈な支持を得ていた。

次ページ名ナレーター芥川隆行のナレーションから始まる!
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
自動車「コロナ不況」が促す<br>部品業界サバイバルの行方

コロナ危機の自動車部品メーカーへの影響は、過剰な設備と人員を抱えていた日産系でとくに深刻。比較的堅調だったトヨタ、ホンダ系も無傷ではありません。世界レベルでの技術開発競争は激化の一途で、生き残りへの再編と淘汰が始まろうとしています。