ナニワの底力!不況時にトップシェア企業が掲げる「デュアル作戦」とは?《NEWS@もっと!関西》

ナニワの底力!不況時にトップシェア企業が掲げる「デュアル作戦」とは?《NEWS@もっと!関西》

不況風は世界トップシェア企業にも、容赦なく襲いかかった。

大阪市に本社を構えるダイフクは、立体自動倉庫や自動車向け搬送システムなどで国内首位、液晶・半導体向けクリーンルーム用搬送システムで世界トップ(シェア約50%)だ。ここ数年はアジア向け搬送システムの拡販などにより、業績もうなぎ登りだった。だが、世界不況の影響で状況が一転。自動車や液晶・半導体向けの減産を強いられ、前09年3月期は売上高2421億円、営業利益150億円と5期ぶりの営業減益に。今10年3月期も営業利益30億円計画と、前期比80%もの大幅減益を見込む。

売上高の約30%を占める自動車向けは急回復がのぞめない。近年の業績好調を支えてきた液晶・半導体向けも、今期はさらに落ち込む懸念がある。この危機にダイフクは、攻めと守りの両建ての戦略、いわば「デュアル(=両面)作戦」を掲げた。

デュアル作戦のひとつは、守りの戦略=事業体質の強化である。「やがて来るであろう春に備え、足腰をきっちりと鍛える」と、ダイフクの谷口孝宏常務は語る。

その一例がプロジェクト管理の徹底だ。液晶・半導体向け事業でPDM(製品データ管理システム)とSKS(生産管理システム)を導入した。現在は準備段階で、今年度下期には本格稼働を目指す。受注から出荷・納入まで一貫してデータ管理する仕組みを構築し、部品調達の効率化やリードタイム短縮、さらには内製化促進などによりコストを低減する狙いだ。並行して、プロジェクト・マネージャ制を促進する。これまでは特定のプロジェクトのみに、受注から納入までをすべて管理する責任者を設置してきたが、今回は責任者を置くプロジェクトの数を拡大する。

ダイフクは大型の製品を扱っていることもあり、1件当たり受注高が50億円以上にもなるプロジェクトが少なくない。「これらの案件に穴が開く(ミスなどにより注文がキャンセルされる)と、業績が大きく左右されることになる」(谷口常務)。そこで、稼働率が低迷しているいまのタイミングだからこそ、大型のシステム投資や制度の見直しに着手し、ミスを排除する体質を構築するというわけだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT