最新版!ビジネス・経済書200冊ランキング

不朽のロングセラーが上位に

(写真:kou / PIXTA)

Amazonの「ビジネス・経済」ジャンルに登録されている書籍のうち、1月31日から2月6日の売り上げ上位200冊をランキングした。

第1位は『結局、「すぐやる人」がすべてを手に入れる』。発売は昨年7月であり、ロングセラーといえるだろう。口だけでなかなか行動できない人、考えすぎて行動にうつせない人は、どうすれば先送り、先延ばしのクセから脱却できるか。著者の独自のノウハウで、10秒で行動に移す方法と不安を消す方法を紹介している。

第2位もロングセラーがランクインした。『人を動かす』は、あらゆる自己啓発書の原点ともいえるデール・カーネギーの名著。1936年の初版刊行以来、世代を超えて読み継がれている本だ。

第3位は『2020年 世界経済の勝者と敗者』。共著者である浜田宏一氏へのインタビューは1月26日配信の浜田宏一氏「金融緩和を止めてはならない」をご覧いただきたい。

次ページ1~50位は?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
  • 中学受験のリアル
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スクープ! 積水ハウス地面師事件<br>「封印された報告書」の全貌

「なぜ積水はだまされたのか」。2年前の地面師グループによる大型詐欺事件。謎を解く同社の内部資料を本誌が独自に入手した。だまされた積水が調査報告書の公開を拒む理由は。取引を承認した役員が現在も要職にある“闇”をいま明かす。