最新版!ビジネス・経済書200冊ランキング

不朽のロングセラーが上位に

(写真:kou / PIXTA)

Amazonの「ビジネス・経済」ジャンルに登録されている書籍のうち、1月31日から2月6日の売り上げ上位200冊をランキングした。

第1位は『結局、「すぐやる人」がすべてを手に入れる』。発売は昨年7月であり、ロングセラーといえるだろう。口だけでなかなか行動できない人、考えすぎて行動にうつせない人は、どうすれば先送り、先延ばしのクセから脱却できるか。著者の独自のノウハウで、10秒で行動に移す方法と不安を消す方法を紹介している。

第2位もロングセラーがランクインした。『人を動かす』は、あらゆる自己啓発書の原点ともいえるデール・カーネギーの名著。1936年の初版刊行以来、世代を超えて読み継がれている本だ。

第3位は『2020年 世界経済の勝者と敗者』。共著者である浜田宏一氏へのインタビューは1月26日配信の浜田宏一氏「金融緩和を止めてはならない」をご覧いただきたい。

次ページ1~50位は?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • エネルギーから考えるこれからの暮らし
  • CSR企業総覧
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! エアライン・鉄道<br>どん底からの復活シナリオ

人の移動が収益源となる航空・鉄道業界は、新型コロナウイルスの直撃で事業構造の根本的な転換を迫られています。海外では航空と鉄道の一体的政策も始まる中、日本では何が起きるのか。今後の再編や合従連衡のシナリオを大胆に予測しました。

東洋経済education×ICT