ビジネス・経済書「売れ筋」200冊ランキング

トップに輝いたのは1月30日発売の本

アマゾンの最新ランキングは?(写真:Taka / PIXTA)

日本最大のオンライン書店、アマゾン。同サイトの「ビジネス・経済書」ジャンルのうち、1月24~30日の1週間で売り上げ冊数の多かった書籍を上位200位まで紹介する。

1位に輝いたのは1月30日発売の『売れっ子セラピストになるための3つのステップ』。セラピストとして独立し成功するためのメソッドを福島県在住の売れっ子セラピストが実体験をもとにわかりやすく指南する。

2位は瀧本哲史氏の『戦略がすべて』。ビジネス、芸能界、労働市場、教育現場、ネット社会など、どのような世界にも各々の「ルール」と成功の「方程式」が存在する。ムダな努力を重ねるのではなく、その業界の特性を理解し、勝つための「戦略」を手に入れることの重要性を、具体例を交えて解説している。

3位は『結局、「すぐやる人」がすべてを手に入れる』。口だけでなかなか行動できない人、考えすぎて行動にうつせない人…こんな先延ばしの自分を変えるためのノウハウを紹介した本である。

次ページ1~47位は?
関連記事
トピックボードAD
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 銀河を渡るを読む
  • 中原圭介の未来予想図
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「脱ファッション」が進む<br>渋谷の街の最前線

渋カジ、コギャルなど若者ファッションの聖地だった渋谷。ここが100年に1度の大規模再開発で、オフィスや飲食店が増えアパレル店舗が減少しているのだ。来年エンタメビルとして生まれ変わるSHIBUYA109など、変わりゆく街の今を追う。