最新!ビジネス・経済書「売れ筋」ランキング

トップに急浮上したのは「稼ぐ言葉の法則」

首位は『稼ぐ言葉の法則』だった(写真:よっし / PIXTA)

2月7~13日、ネット書店最大手のアマゾンで売れた本は何か。「ビジネス・経済」ジャンルの売れ筋トップ200をお届けする。

1位は2月13日発売の『稼ぐ言葉の法則』。経営コンサルタントとして知られる神田昌典氏の最新刊が一気に首位に躍り出た。

2位の『経営者になるためのノート』、3位の『結局、「すぐやる人」がすべてを手に入れる』は、これまでに何度も週間ランキングで首位に付けているロングセラーだ。その人気は2月に入ってからも健在のようだ。

4位に浮上したのは『すごいメモ。』。本日配信の(斬新!会議メモは「ヤフーニュース」調で蘇る)をはじめ、東洋経済オンラインで配信した3本の記事も、ぜひ参考にしていただきたい。

次ページトップ50冊は?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 家族の法廷から
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今さら聞けない競馬のキホン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。