最新!ビジネス・経済書「売れ筋」ランキング

トップに急浮上したのは「稼ぐ言葉の法則」

首位は『稼ぐ言葉の法則』だった(写真:よっし / PIXTA)

2月7~13日、ネット書店最大手のアマゾンで売れた本は何か。「ビジネス・経済」ジャンルの売れ筋トップ200をお届けする。

1位は2月13日発売の『稼ぐ言葉の法則』。経営コンサルタントとして知られる神田昌典氏の最新刊が一気に首位に躍り出た。

2位の『経営者になるためのノート』、3位の『結局、「すぐやる人」がすべてを手に入れる』は、これまでに何度も週間ランキングで首位に付けているロングセラーだ。その人気は2月に入ってからも健在のようだ。

4位に浮上したのは『すごいメモ。』。本日配信の(斬新!会議メモは「ヤフーニュース」調で蘇る)をはじめ、東洋経済オンラインで配信した3本の記事も、ぜひ参考にしていただきたい。

次ページトップ50冊は?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 女性の美学
  • インフレが日本を救う
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
史上最大の上場に賭ける<br>ソフトバンクの思惑

12月19日、ソフトバンクが上場する。過去最大規模の超大型上場だが、祭りの後は楽観できない。親子上場による利益相反、高い配当性向、キャッシュの流出など懸念材料は多数。同社の大胆な戦略の前提である安定した収益成長が崩れる日、事態は……。