最新版!ビジネス書「売れ筋200冊」はこれだ

上位には自己啓発書がズラリ

最新の売れ筋ランキングをお届け!(写真:cba / PIXTA)

2月14~20日の1週間でたくさん売れたビジネス・経済書は何か――。読書好きビジネスパーソン必見の最新アマゾン週間ランキングをお届けする。

首位は2週連続で神田昌典氏の新著『稼ぐ言葉の法則』。「売る力は、人間誰しもが持った、自然な力。その本質は、出会った相手の中に才能を見出し、自分が提供できる価値とつないでいくコミュニケーション能力にあり、それは言葉の使い方で決まる」というのが著者の主張。本書では、具体的な言葉の使い方をふんだんに紹介している。

2位には26日発売予定の『ポケット修養訓』が登場。まだ発売前の予約受付段階で上位に躍り出た。古今東西160の言葉をコンパクトに紹介した名言集だ。

上位に自己啓発書ばかりが目立っているなか、6位には本誌連載でもおなじみのぐっちーさんの『ニッポン経済世界最強論!』がランクインした。年明けから株安が続き、日本経済の先行きに自信を失っている人も多いだろうが、本書を読めば、今後の政策次第では日本はきわめて前途有望であることがわかり、明るい気持ちになるはずだ。

次ページトップ50冊は?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの指輪〜「本能と進化」から考える〜
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 御社のオタクを紹介してください
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>世界で戦える組織へ

成長を確実にする組織の根幹を成すのが、研究開発と人事である。研究開発体制は2015年4月、各研究所に横串を通し、顧客起点の組織に生まれ変わらせた。人事制度もグローバル化がほぼ完了。踊り場から飛躍へ、日立の地固めの様相を追う。