最新版!ビジネス書「売れ筋200冊」はこれだ

上位には自己啓発書がズラリ

最新の売れ筋ランキングをお届け!(写真:cba / PIXTA)

2月14~20日の1週間でたくさん売れたビジネス・経済書は何か――。読書好きビジネスパーソン必見の最新アマゾン週間ランキングをお届けする。

首位は2週連続で神田昌典氏の新著『稼ぐ言葉の法則』。「売る力は、人間誰しもが持った、自然な力。その本質は、出会った相手の中に才能を見出し、自分が提供できる価値とつないでいくコミュニケーション能力にあり、それは言葉の使い方で決まる」というのが著者の主張。本書では、具体的な言葉の使い方をふんだんに紹介している。

2位には26日発売予定の『ポケット修養訓』が登場。まだ発売前の予約受付段階で上位に躍り出た。古今東西160の言葉をコンパクトに紹介した名言集だ。

上位に自己啓発書ばかりが目立っているなか、6位には本誌連載でもおなじみのぐっちーさんの『ニッポン経済世界最強論!』がランクインした。年明けから株安が続き、日本経済の先行きに自信を失っている人も多いだろうが、本書を読めば、今後の政策次第では日本はきわめて前途有望であることがわかり、明るい気持ちになるはずだ。

次ページトップ50冊は?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あの日のジョブズは
  • 就職四季報プラスワン
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT