サントリーの新製品「ZOOCE」の狙いは何だ?《それゆけ!カナモリさん》

サントリーの新製品「ZOOCE」の狙いは何だ?《それゆけ!カナモリさん》

■5月8日 サントリーの新製品「ZOOCE」の狙いは何だ?

 「動物園のようにワクワクする、みんなの炭酸飲料」がコンセプトだというサントリーの新製品「ZOOCE Sparkling フルーツパレード」。「みんなの」だ。なんというワイドレンジなターゲティング!マーケティングエクセレンスなサントリーにしては珍しい展開。この製品、一体ターゲットは誰なんだろうか……。

 カラフルな色や模様で描かれた、数々の動物たちのシルエットが踊るパッケージ。発売日は4月28日。ズバリ、ゴールデンウィーク前日。春のレジャーのお供にということなのだろう。狙い澄ましたタイミングだ。

 「ZOOCE」(ズース)とは、「ZOO」と「Juice」を掛け合わせたネーミングだという。うーん、ダジャレのような、ダジャレにもなっていないようなネーミング。でも、なんだかかわいい。カラフルな動物がら。舌足らずの子供が「ジュース」とうまく発音できず、「ズース、ズース」と言っているかのような名前だ。子供向け飲料なのだろうか。

 ネットの書き込みを見てみると、掲示板やブログでは女性の書き込みが多い。かわいいパッケージ。おいしいと高評価だ。女性をターゲットにしたのかもしれない。

 う~ん。分からない。少しサントリーのポジションを振り返って考えてみよう。

 サイダー市場の巨人は、三ツ矢サイダー。アサヒ飲料である。発売以来約125年。透明炭酸飲料市場のシェアを60~70%握っているが、2004年に製品リニューアルをし、さらに毎年売上げを順調に伸ばしている。

 チャレンジャーとしてのサントリーの戦い方は「差別化」が基本だ。例えばサントリーが抱えるペプシコーラでは、キュウリ味やブルーハワイなどシビレるような味が記憶に新しい。毎年投入されるペプシの「変わり種コーラ」もまた、差別化戦略の一環である。

 チャレンジャーの戦い方のもう一つの特長は、「セグメントが巧み」だということ。リーダーのように全方位で戦う力はない。ゆえに、勝てるところをみつけて確実にそこで勝っていくのだ。その意味からすると、今回の「ZOOCE」の「みんなの炭酸飲料」は少々合点がいかない。

 悩んでも仕方がないので飲んでみた。フルーツジュース的なフレーバーが感じられなくもないが、さほど強烈な主張はない。うす甘く、ほんのりと酸味も感じられる味わい。炭酸は軽めだ。なぜだか懐かしい。

 あ、と気付く。「これ、ラムネ味じゃねぇの?」。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! コロナ危機<br>総力特集 土壇場の世界経済

欧米での爆発的な感染拡大により、リーマンショック以上の経済悪化が濃厚です。「自宅待機令」下の米国現地ルポに各国の政策対応、トヨタも国内工場停止に至った自動車産業、ほぼ半値へと急下降したREIT市場など徹底取材。