「話し下手な人」でも無理なく好かれる会話術

注意!冗舌に話すほどイケ好かないヤツに

「ときどき2人で話す」のは、会場の人々にリラックスして話す姿を見せることで、「穏やかに話せる人なんだ」という印象を与え、再び1人になったときに話しかけられやすくなるから。また、同伴者がルックスやスキルなどで魅力を漂わせる人であれば、会話をしている博史さんも「同じような魅力がある」と思われて話しかけられやすくなります。さらに、会場にいる好感度の高い人や、仕事のできそうな人に話しかけてもらい、会話する時間を何度か作ることで、好感度が高く仕事のできそうな人に見せるのもいいでしょう。

無言でも好感度はこんなに上がる

もう1人、同僚とのコミュニケーションに悩む淳史さん(仮名、食品会社総務)のエピソードも紹介しておきましょう。根っからの人見知りという淳史さんは、「同僚たちと打ち解けて話したいのに、なかなかうまくいかない」と悩んでいました。そんな淳史さんには、「上着を1枚脱ぐ、ネクタイをゆるめる」「仕事がひと段落した人と目を合わせる」「話しかけられたい人のごほうびや癒やしに近づく」の3つをアドバイスしたのです。

上着やネクタイの動作は、自分がリラックスしていることを伝えるわかりやすいサイン。仕事がひと段落したタイミングは、アイコンタクトで「お疲れさま」を伝える絶好のチャンス。ごほうびや癒やしは、誰かを受け入れる心のゆとりがあるなど、いずれも相手から話しかけられる可能性を高めることができます。

また、淳史さんには、話しかけられて会話が始まったときのために、「緊張するなら相手の目はほとんど見なくてもいい」「相手と同じタイミングで呼吸する」「話の盛り上がりに合わせてボディアクションの大きさを変える」の3つをアドバイスしました。無理して相手の目を見るより話題に関連したものを見ていれば自然ですし、呼吸を合わせることで心と体のリズムが合って一体感が生まれますし、ボディアクションの大きさを変えることで相手はより気持ちよく話すことができます。

これらはいずれも、「ひと言も発していないのに、相手のテンションも、淳史さんの好感度も上がる」方法。その後の会話も2人の関係も、円満なものになるのは言うまでもありません。

ピンチへのリスクヘッジにもなる

『話しかけなくていい!会話術』(木村隆志著、CCCメディアハウス)では88のノウハウを紹介。上の画像をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

そもそも、パソコン、タブレット、スマホなどネットツールの発達で、面と向かって話しかける機会が減るなど、対人コミュニケーションに自信のない人が増えているだけに、いきなり「自分から話しかけて相手をコントロールしよう」という考え方自体に無理があるもの。だからこそ、ここで紹介したような「人から好かれて話しかけられる」スキルを身に付けてほしいのです。

みなさんが周りの人から好かれて話しかけられるようになれたら、成功したときは「おめでとう」と祝福され、不安なときは「大丈夫だよ」と励まされ、困っているときは「手伝おうか」と手を差し伸べられるのです。

つまり、好かれて話しかけられるということは、「会話のきっかけ」「気楽でうれしい」というだけでなく、「自分の喜怒哀楽に寄り添ってもらえる」「ピンチをカバーしてもらえる」ということ。笑顔の多い毎日が過ごせるだけでなくリスクヘッジにもなります。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 最新の週刊東洋経済
  • 小室淑恵 「覚悟の働き方改革」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT