(株)マッキャンエリクソン、「Real Mothers リアルマザーズ」編集部

 前回は「母親の携帯電話活用事情」というテーマの下、母親たちの日常的な携帯活用法の具体例をご紹介しました。今回は、PCも視野に入れたインターネットやメールが、今の母親たちにとってどのようなメディアであるかを、接触率と意識に触れながらお話しします。

●母親達の頻繁なインターネットとメール利用

 今の母親達は、12−69歳の男女の全体平均(以後「全体平均」と記述)よりも、より頻繁にインターネットとメールに接触しています。母親達が、各媒体にほぼ毎日接触する割合(デイリーリーチ)を全体平均と比較すると、「インターネットメール広告」が+8ポイント(37%、図1)、「インターネット(企業の一般サイト)」、「インターネット広告」、「携帯メール広告」もそれぞれ全体より若干高い結果となりました。ライフスタイルが多様化する今の母親達の間で、インターネットとメールを通じて情報や人と繋がる傾向が強まっています。

【図1】母親と全体平均の比較(2008)

●利用が増えたのはPCの動画サイトと携帯全般

 母親達の間で利用が増えているのは、PCの動画サイトと携帯サイトです。2007年から2008年における母親達のデイリーリーチの変化を見てみると、「インターネット動画(YouTube, Gyao, Yahoo動画など)」、「携帯サイト」が若干増えています。また、「携帯電話で、いろいろなインターネット・サイトを閲覧するのが好きだ」と答えた人も増加し、携帯サイトは母親たちにとってより身近なものとなっていると言えます。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 今見るべきネット配信番組
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT