●母親たちもCGMを活用

 消費者が主体となって作られているメディア(CGM=Consumer Generated Media)の人気は、母親達の間でも高まっています。2007年から2008年の間の変化を見ると、「ブログ、掲示板、口コミサイト、レビューサイト、SNS内で得た情報を、友人・知人に話すことがよくある」と答えた人が+7ポイント(32%、図2)。同じ期間における母親達のデイリーリーチの変化を見ると、上述の「インターネット動画」に加え、「インターネット(ブログ、SNS)」が+3ポイント(23%、図2)と増加。さらに、閲覧にとどまらず「インターネットの掲示板、口コミサイト、レビューサイトページ・SNSによく書き込んだりする」人が+4ポイント(22%、図2)。一般の人々がネット上で発信する情報に母親達もより関心を持つようになり、また自らも積極的に情報発信をするようになってきています。

【図2】母親たちのCGM利用の変化(2007−2008)
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • コロナウイルスの恐怖
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
新型肺炎の「致死率」<br>武漢だけ突出する理由

新型肺炎による死亡者は、湖北省、とくに武漢に集中しており、致死率は他の省を圧倒しています。この理由と背景は? 本誌デジタル版では、現地から果敢な報道を続ける中国「財新」特約の連載「疫病都市」を配信しています。