●母親たちもCGMを活用

 消費者が主体となって作られているメディア(CGM=Consumer Generated Media)の人気は、母親達の間でも高まっています。2007年から2008年の間の変化を見ると、「ブログ、掲示板、口コミサイト、レビューサイト、SNS内で得た情報を、友人・知人に話すことがよくある」と答えた人が+7ポイント(32%、図2)。同じ期間における母親達のデイリーリーチの変化を見ると、上述の「インターネット動画」に加え、「インターネット(ブログ、SNS)」が+3ポイント(23%、図2)と増加。さらに、閲覧にとどまらず「インターネットの掲示板、口コミサイト、レビューサイトページ・SNSによく書き込んだりする」人が+4ポイント(22%、図2)。一般の人々がネット上で発信する情報に母親達もより関心を持つようになり、また自らも積極的に情報発信をするようになってきています。

【図2】母親たちのCGM利用の変化(2007−2008)
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 本当は怖い住宅購入
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT