なぜGMは転落したのか R・ローウェンスタイン著/鬼澤忍訳

なぜGMは転落したのか R・ローウェンスタイン著/鬼澤忍訳

よくある自動車業界本と思うと間違う。むしろ副題の「アメリカ年金制度の罠」が内容を正しく反映している。ほぼ3分の1のページを占める第1部「誰がGMを殺したか」で、年金・健康保険問題を照準にしてGMのいま一つの病巣を痛烈にえぐる。このほど退任したワゴナー前会長の「私たちが手にしている結果にとって、歴史の影響はきわめて大きかった」の言葉に、抜き差しならぬその苦悩ぶりがよく表れている。

2000年にワゴナーは47歳でCEOに就任。当時から、ウォール街のアナリストはGMを「車輪に載った年金事務所」と評し、「ショールームつき医療友の会(HMO)」というジョークまであったという。

基準の甘い健康保険と莫大な年金給付の負担は、民主党の集票マシン全米自動車労組(UAW)との妥協と無策の中で、経営の重しとなる歴史が豊富な取材の積み重ねで描かれる。

GMはこの「あり地獄」から果たして抜け出せるか。

日本経済新聞出版社 2100円

Amazonで見る
楽天で見る

関連記事
トピックボードAD
  • インフレが日本を救う
  • 最新の週刊東洋経済
  • iPhoneの裏技
  • グローバルアイ
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SONY静かなる再興<br>自動車ビジネスに本腰

「人命にかかわる事業はやらない」という不文律を破り、車載製品に本格参入するソニー。今後3年で1兆円を投資する主軸、得意の画像センサーを自動運転システムに展開する。最高益のその先を支えるカネのなる木となるか、禁断の果実か。