江戸に学ぶ人育て人づくり 小泉吉永著

江戸に学ぶ人育て人づくり 小泉吉永著

「往来物」と呼ばれる江戸時代の寺子屋などで使われた読み書き教科書や、江戸中期以降に続出した子育て書、教訓書や家訓類から、当時の父親像や人づくりの心得をたどると、その根底には「正直」思想があり、自らの人生の大半をかけて子育てを行う父親がいる。小・中・高校の教員を経て現在は大学で教鞭を執る著者は、江戸時代に万人第一の徳目とされたこの正直こそ、今の日本の人づくりに重要な思想だと指摘する。

著者が蒐集した『親子茶呑話』など貴重な古典資料を現代語訳で紹介。「教育力」が低下しているといわれる現代に生きる親、教育者、企業経営者など人育てにかかわる人間が学ぶべき伝統的な「日本の教育文化」を説く。

角川SSC新書 819円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ひとりの贅沢空間~週末に聴きたい名盤
  • 若者のための経済学
  • 内田衛の日々是投資
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
楽天の通信事業<br>狙いと勝算をすべて話そう

2019年10月、第4の通信会社として自前回線でのサービスを開始する楽天。今回の通信参入プロジェクトを「神がかりのショット」続きだったと話す三木谷浩史会長兼社長。その真意とともに、狙いや勝算、世界を見据えた成長戦略を聞いた。