思考停止社会 「遵守」に蝕まれる日本 郷原信郎著

「水戸黄門の印籠」のように「法令遵守」を行政庁やメディアが振りかざし、人々がひれ伏す「思考停止に陥っている」今の日本の状況を憂え、コンプライアンス問題に詳しい弁護士が解決策を探った。

法律の運用では、市民生活や経済活動での常識に基づく判断が必要だ。それなのに食品企業の不祥事、耐震偽装など、最近、世間を騒がせた事件を著者が読み解くと、司法や世論の過剰反応が目につくという。機械的に法律が適用されたり、司法手続きのないままメディアや世論が断罪したりすることが多いのだ。

「社会的要請に応えること」を念頭に法律を使いこなす「真の法治国家」をつくる。それが「活力を取り戻す唯一の道」と、著者は訴える。

講談社現代新書 777円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT