地域観光戦略 額賀信著

地域観光戦略 額賀信著

宿泊数は1~2泊で業務目的が半分近い。都道府県単位の宿泊者数の相対的順位は季節にかかわらずほぼ固定。総宿泊者数に占める観光目的でのベスト3は北海道、沖縄、千葉、ワースト3は埼玉、徳島、高知。宿泊者数に比べ施設の(定員)稼働率が低いのは静岡、長野、逆が埼玉、滋賀。そして全体の外国人比率は1割以下で、ビジット・ジャパンのキャンペーン目標1000万人達成でも国際的にみれば著しく低い--。

本書は、2007年から実施されるようになった「宿泊旅行統計調査」(国土交通省、のち観光庁)に基づく分析。国内旅行について、統一的な定義・手法による全国共通での調査は今までなく、意外な事実も多く浮かび上がっている。

4月上旬に公表される08年データは、内外経済の激変から旅行者の移動傾向もかなり変わっている模様だが、本書は地域振興や観光戦略を考える視座・手法において、多くの有益な手がかりを与えてくれる。

日刊工業新聞社  2310円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • コロナ後を生き抜く
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT