丸の内を華やかな街に変える

三菱地所相談役・福澤武氏③

ふくざわ・たけし 三菱地所相談役。1932年生まれ。慶應義塾大学法学部卒。61年三菱地所に入社。営業部長、取締役などを経て94~2001年社長。会長を経て07年から現職。福澤諭吉のひまごに当たる。

三菱地所が多くのビルを保有する東京・丸の内。かつては銀行の店舗ばかりが目立っていましたが、今では海外のブランドや有名レストランが軒を並べる、華やかな街へと変貌を遂げました。

 変わるきっかけは、1980年代半ばまでさかのぼります。私が営業部長のとき、アメリカの不動産事情を視察したことがありました。郊外のショッピングセンターに行くと、店ごとに外観が違う。たとえばカジュアル衣料の「バナナ・リパブリック」は店の前にヤシの鉢が置かれてジャングルのようになっている。「ベネトン」はあでやかなグリーンを店のシンボルカラーにしている。勢いのある店はこうやって店の顔をつくるんだな、と知りました。

時代に合わなくなる

ちょうどその頃、丸の内の南側にある有楽町ビルに、ファッションや雑貨を扱う「サザビー」が出店しようとしており、創業者の鈴木陸三さんが、店の外観に手を加えたいと言ってきたのです。アメリカでのことが念頭にあった私はすぐOKを出しました。

それまで丸の内一帯のビルは、派手な看板を許さない代わりに落ち着いた街並みを見せる「禁欲的な統制美」が売りでしたが、ルールを緩めたことで商業街としての潜在力を発見することにつながりました。社長だった90年代に、丸の内仲通りを大胆に変えられたのも、この体験がベースになっています。

ルールといえば、営業部長時代に同じビルには1業種1店舗という不文律も変えました。三菱地所では、一つのビルには同じ業種の店は一つといったことを続けてきました。

ところがあるとき、文房具店の店長から苦情を言われました。ミッキーマウスのキャラクター商品を取り扱い始めて、ボールペンやノートだけでなくトレーナーやTシャツを置こうとしたら、ダメだと言われたと。確かにキャラクター商品は、日常のいろいろなモノがそろって、商品のカテゴリーをつくっている。トレーナーは服だから文房具店が扱っちゃいかんというのは、不動産会社の視点に立った、こちらの理屈です。ですから、このルールを見直しました。これも営業部長時代のことです。

古くからのテナントの中には競合店ができることに拒否反応がありましたが、新しいテナントからは歓迎されました。競うことでお客様も来てくださる、というわけです。ああ、世の中は変わっているんだ、と実感しました。旧来のやり方を墨守するだけでは時代に合わなくなるということを学びました。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 財新
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる民法&労働法<br>「知らない」では済まされない!

ビジネスの新しいルールを定めた改正民法や労働法が4月から始まります。仕事はどう変わるのか、大きな関心を集める改正相続法と併せて最終チェックしておきましょう。導入が増えているテレワークの法的ポイントも解説。