益田 ミリ(ますだ みり) Miri Masuda
イラストレーター

1969年大阪生まれ。漫画「すーちゃん」シリーズ(幻冬舎)、「沢村さん家」シリーズ(文藝春秋)、「僕の姉ちゃん」シリーズ(マガジンハウス)、『泣き虫チエ子さん』(集英社)、『今日の人生』(ミシマ社)、『こはる日記』(KADOKAWA)、エッセイ『美しいものを見に行くツアーひとり参加』(幻冬舎)、『永遠のおでかけ』(毎日新聞出版)、小説『五年前の忘れ物』(講談社)など著書多数。また、絵本『はやくはやくっていわないで』(共著・ミシマ社)で第58回産経児童出版文化賞を受賞するなど多ジャンルで活躍している。

※このプロフィールは、東洋経済オンラインに最後に執筆した時点のものです。
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
携帯料金は4割下がる?<br>「高い」の根拠を徹底検証

菅官房長官の「4割下げられる」発言の数値的根拠は正当か? やり玉に挙がるキャリア3社の携帯通信料金の解明に担当記者が挑む。結論は「高いとはいえないが、キャリアは儲けすぎ」。取られすぎと感じる人必読の渾身リポート。