会社員マリコが悩む「34歳私のキャラ設定」

女子アナ基準でいけばベテランだけど…

(イラスト:『マリコ、うまくいくよ』より)

社会人2年目、12年目、20年目。同じ職場で働く、3人のマリコ。

『マリコ、うまくいくよ』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

「今日も会議で意見が言えなかった」

「〈会社用の自分〉に、自分がのっとられそう」

「後輩は増えるけど、年上の実感ってない」。

年齢も性格もばらばらの3人。でも、それぞれがなぜか自分のことのよう。もしかしたらあなたも、もうひとりのマリコかもしれません。

人気作家・益田ミリさんの新刊『マリコ、うまくいくよ』より抜粋してお届けします。

34歳のキャラ設定って?

次ページどこなんだろう? わたしの立ち位置って
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 小室淑恵 「覚悟の働き方改革」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT