会社員マリコが悩む「34歳私のキャラ設定」

女子アナ基準でいけばベテランだけど…

(イラスト:『マリコ、うまくいくよ』より)

社会人2年目、12年目、20年目。同じ職場で働く、3人のマリコ。

『マリコ、うまくいくよ』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

「今日も会議で意見が言えなかった」

「〈会社用の自分〉に、自分がのっとられそう」

「後輩は増えるけど、年上の実感ってない」。

年齢も性格もばらばらの3人。でも、それぞれがなぜか自分のことのよう。もしかしたらあなたも、もうひとりのマリコかもしれません。

人気作家・益田ミリさんの新刊『マリコ、うまくいくよ』より抜粋してお届けします。

34歳のキャラ設定って?

次ページどこなんだろう? わたしの立ち位置って
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナウイルスの恐怖
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 財新
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
船・港――海の経済学<br>ニッポンの生命線が危ない

環境規制の強化によって、日本の海運会社は大きな投資を迫られています。中韓に敗れた日本の造船業界はさらなる再編が不可避に。日本の港湾の競争力低下も止まりません。「海をめぐるグローバル競争」の最前線を掘り下げます。