小島 武仁
小島 武仁(こじま ふひと) Fuhito Kojima
経済学者

1979年、東京都生まれ。2003年東京大学経済学部卒業、ハーバード大学経済学部より2008年 Ph.D.(博士号)取得。イェール大学でのPostdoctoral Associateを経て、2009年からスタンフォード大学Assistant Professor(助教授)、2013年7月よりAssociate Professor(准教授)となる。専攻はマーケットデザイン、ゲーム理論、政治経済学。学部卒業時、最優秀卒業論文に与えられる大内兵衛賞を受賞し、卒業生総代となる。留学のために渡米して以降は、国際的な査読論文誌American Economic ReviewEconometrica、Journal of Economic Theory、Games and Economic Behaviorなどに続々と論文を公刊し、2012年に驚異的な速さでスタンフォード大学にてテニュア(無期雇用)を得た。2013年には、スローンリサーチフェローにも選出される。ノーベル経済学賞受賞者であるアルビン・ロス氏に師事し、現代の経済学界の最先端で、研究と後進の教育に取り組んでいる。共著に『学校選択性のデザイン――ゲーム理論アプローチ』(エヌティティ出版、2010年)。 ⇒【Webサイト】【Twitter(@fkojima79)

※このプロフィールは、東洋経済オンラインに最後に執筆した時点のものです。
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
JR北海道<br>労使癒着の深い闇

赤字路線を多数抱え、自力再建が難しいJR北海道。来年にも経営支援のために公金が投入される。だが、革マル派と密接な労働組合と会社の労使協調路線を放置したままでよいのか?