古谷 経衡
古谷 経衡(ふるや つねひら) Tsunehira Furuya
文筆家

1982年11月10日北海道札幌市生まれ。立命館大学文学部史学科卒(日本史専攻)。インターネットとネット保守、若者論、社会、政治、サブカルチャーなど幅広いテーマで執筆評論活動を行う一方、地上波、AbemaTV、ラジオ番組でコメンテーターも担当。大の猫好き。近著は 『「意識高い系」の研究』(文藝春秋 文春新書)、『アメリカに喧嘩を売る国~フィリピン大統領ロドリゴ・ドゥテルテの政治手腕~』(KKベストセラーズ)。

 

※このプロフィールは、東洋経済オンラインに最後に執筆した時点のものです。
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中間決算に透ける踊り場<br>企業業績は減速が鮮明に

世界経済が踊り場を迎えている今、中間決算発表に伴う業績予想の修正が出そろった。2018年度の営業利益は前年比4.6%増と、17年度の12.9%増から減速する。『会社四季報』業界担当記者が、明暗分かれる業種内の「優勝劣敗」を解説する。